残業で疲れ果てた男性

日々一生懸命努力しているにもかかわらず、仕事ができないという評価を下されてしまい、悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

このような会社で努力しても無駄と思い、転職を検討することはむしろ自然のことかもしれません。

しかし仕事ができない原因は、自分自身にもあるかもしれません。

ここでは環境を変えても失敗を繰り返す人の特徴をあげて、あなたが輝ける職場で働くためのヒントにつなげていきます。

仕事ができない人によくある特徴

デスクに置かれた眼鏡とマグカップ

仕事ができない人には、いくつかの特徴がみられます。

代表的な特徴について、解説していきましょう。

いつも夜遅くまで残業をしている

仕事ができない人は、与えられた仕事やノルマを定時内に終了することができません。

このため残業でカバーせざるを得なくなり、しばしば終電近くまで仕事に追われることとなるでしょう。

他の人よりもよい成績をあげているわけでもないのに、いつも夜遅くまで残業をしていることは、仕事ができない人によくある特徴の1つです。

必要以上に仕事を抱え込んでしまう

仕事を抱え込んでしまうことも、仕事ができない人の特徴の1つです。

自分がこなせる量を超えているにもかかわらず、相談しないまま進めても、あなたがこなすべき仕事の山は積みあがるだけです。

しかるべき時期に報告を行わないことで、後日大幅な遅れが出ていることがわかり、取り返しのつかない事態に結び付くこともあります。

上司の意図しない仕事をしている

仕事ができない人は、上司とのコミュニケーションロスもしばしばあります。

この結果として、上司の意図しない成果物をつくって大きな手戻りが発生する場合や、意図しない作業をすることで余分な作業をつくってしまう場合もあります。

仕事ができない原因はなにか

上司に怒られて萎縮している女性

仕事ができないという人でも、その原因はさまざまです。

自分自身に原因がある場合も多いですが、そうでない場合も少なくありません。

本人に原因がある場合

仕事ができない原因のなかには、本人に原因があるものも多いです。

たとえば能力不足やスケジュール管理能力、相談することができないなどがあげられます。

いずれも仕事をする上で重要な能力ですから、不足している能力は自ら努力して伸ばす必要があります。

会社や上司に原因がある場合

仕事ができない原因には、会社や上司に原因がある場合も少なくありません。

たとえば必要な指示も行わず、自分の思った通りにならないと怒り出す上司もいます。

部下はテレパシー能力を持っているわけではありませんから、しかるべき指示を行わなければ適切な作業が行われないことは当然です。

また本人のためと称して能力をはるかに超える仕事を与え続けるなど、社風が原因となる場合もあります。

両方に原因がある場合

仕事ができない原因は、本人か会社かのどちらかだけにあることは少ないものです。

よくある原因はもともと本人の職務遂行能力が不足しているにもかかわらず、会社が能力よりも過大な仕事を押し付けるといったものがあげられるでしょう。

これは、スポーツをテーマとした美談を参考にした、「能力の限界を超えることによって自分の殻を破れる」といった考えによるものかもしれません。

しかし仕事はスポーツと異なり、相手があるものですから、がむしゃらに努力すれば結果がついてくるものでもありません。

転職すれば仕事ができるようになるか

パソコンの前で疲れている女性

あなたの能力が発揮できない環境にいる場合は、転職がオススメであることは確かです。

しかし、とにかく転職すれば仕事ができるようになるかというと、そうでもありません。

転職先で仕事ができる人に変身するには、今の職場における問題点をきちんと分析することから始めましょう。

安易な転職は失敗を繰り返す

「隣の芝生は青い」ということわざの通り、他社のことはよく見えてしまいがちです。

このことから、転職すれば状況は改善されるという思いのもと、安易に転職を選ぶ方もいます。

しかし仕事能力のなかには、多くの会社で共通するスキルもあります。

この能力が不足したまま転職すると、転職先でも同じ失敗を繰り返すこととなってしまいます。

退職前にキャリアカウンセリングを

転職先で成功するためには、退職する前にキャリアカウンセリングを受けることをオススメします。

キャリアカウンセリングは転職エージェントやハローワーク、ジョブカフェなどで受けられます。

退職前に相談することによって、あなたの課題は転職によって解決できるのかどうかがわかります。

課題の内容によっては、今の職場で努力するように求められる場合もあるでしょう。

退職後に相談すると転職しか解決策がなくなりますから、退職前にキャリアカウンセリングを受けることによって、選択肢が広がるメリットがあります。

活躍できる仕事を見つけよう

キャリアカウンセリングを受けられる場所では、適職診断も行っている場合もあります。

今の仕事で活路が見いだせないという方は、適職診断を受けることによって、あなたの能力を活かせる仕事を発見できるかもしれません。

同じ業種や職種にこだわらず、他の仕事にも目を向けることによって、あなたが活躍できる仕事を見つけられる可能性は高まります。

自らの問題点を改善し、輝ける職場を見つけよう

青空の下で遠くを見つめる若い男性

仕事に求められる基本的な能力は、多くの職場で共通しています。

このため職場で必要な仕事能力が不足している場合は、環境を変えても同じ失敗を繰り返すことになります。

職場を変えて改善する問題点は、会社や上司に問題がある場合に限られますから、転職前に仕事ができない理由を洗い出し、自分自身に原因がある場合は改善することが大切です。

転職エージェントなど、キャリアカウンセリングの利用も検討してください。

またあなたの能力は、今とは別の仕事で活用できる可能性もあります。

適職診断なども活用して、あなたが輝ける職場を見つけられるように努めましょう。

転職エージェント人気ランキング

リクルートエージェント

リクルートエージェント
評判 5.0
特徴 転職支援実績No.1
エリア 全国

マイナビエージェント

マイナビエージェント
評判 4.0
特徴 20代の転職に強い
エリア 関東・関西メイン

WORKPORT

ワークポート
評判 3.5
特徴 転職決定人数No.1
エリア 関東・関西メイン
あなたに合う転職サービスを探す
お住いの地域
あなたの年齢
直近の年収
希望の職種
希望の雇用形態