自宅でスマホをチェックしている若い女性

4月から新しい会社で働きたい、と考える方はとても多いですね。

春までに転職を成功させるなら、いつから準備を始めていけば良いのでしょうか。

転職先を見つけるだけではなく、きちんと引き継ぎを行って円満退職できるように手続きを進めることも大切です。

今回は、春から新生活を始めたい方に向けて、転職活動で失敗しないためのコツを詳しく解説します。

春までに転職するなら勝負は1月と2月

屋外で電話中の中年男性

春までに転職したいなら、勝負は1月と2月です。

年明けから3月中旬頃までは、4月からの新年度に向けて多くの企業が求人を増やしていくタイミング。

1月と2月でどれだけ動けるかが、より条件の良い会社へ転職できるかどうかの分かれ目です。

1月から動き出すのは早いのでは…?と思われる方も多いですが、転職活動を始めて数日で終わる人は滅多にいません。

納得のいく転職先から内定をもらえるまで1ヶ月以上かかる方は少なくありません。

3〜4回面接を実施する企業もありますし、最終面接終了後、結果の通知まで2週間近く待たされることもあります。

まだ退職を決意できていなかったとしても、1月ごろから転職先を探し始めてみることが大切です。

2月には退職準備を始めないと間に合わない

転職先を探し始めることと同時に、今の職場で退職手続きを進めていくことも大切です。

4月から新しい会社で働くなら、2月には退職準備を進めていかないと間に合わない可能性があります。

まともな会社に勤めていれば、就業規則に「退職は1ヶ月前に申し出ること」などの記載があるはずです。

円満に退職したいなら、きちんと会社のルールに則って手続きを進めることをおすすめします。

溜め込んでいた有給休暇をきっちり消化してから退職したい場合や、引き継ぎに時間がかかる場合は、1月下旬には退職の意思を伝えたほうが良いでしょう。

上司から退職を反対されたり、しつこく引き止められたり、すんなり退職できないこともあります。

退職できない、ということはないのですが、早めに準備を進めておけば余裕を持って対応することができます。

3月に入ると求人数が徐々に減っていく

パソコンの前で悩んでいる女性

現職の都合でどうしても転職活動を始められるのが3月になりそう…という方も少なくありません。

3月も求人数が多いことに変わりはないのですが、1月や2月と比べると徐々に求人数は減っていきます。

特に高待遇の求人や、優良企業の非公開求人は3月中旬を超えるとかなり数が減ってしまいます。

条件の良い求人には応募が殺到するため、募集がすぐに終了してしまうのです。

せっかく転職するのに、今の職場より条件が悪くなることは避けたいですよね。

少しでも条件の良い会社に転職するためにも、早めに動き出すことが大切です。

4月に入ると中途採用の求人は激減する

3月中に転職先を見つけられず4月に入ってしまった場合、残念ながら転職活動の難易度は急激に上がります。

なぜなら求人数が一気に減ってしまうのです。

1〜3月の募集で人員が充足することもありますが、ほとんどの場合、採用担当者は中途採用以外の業務を兼務しています。

3月から新卒採用が動き出していますし、4月になると新入社員の受け入れや研修などで、中途採用どころではなくなるのです。

4月になったからといって、求人数がゼロになるわけではありませんが、条件に合った仕事を見つけることは難しくなります。

転職活動がさらに長期化してしまう可能性もあるため、早めに動き出して3月下旬までに何とか転職先を見つけたいものです。

転職活動で失敗しないためのポイント

春までに納得のいく転職先を見つけるために、どのようなことに気をつければいよいのか。

ここからは転職活動で失敗しないためのポイントについて解説していきます。

遅くとも3月下旬までに転職を成功させるとなるとスピードが重要です。

非効率なことに時間を割いてしまうのは致命的です。

大切なポイントをしっかり抑えて、効率的に転職活動を進めていきましょう。

大手の転職サイトには必ず登録

自宅でパソコンを操作している男性

まずは転職活動の基本中の基本として、大手の転職サイトには必ず登録しましょう。

リクナビネクストやen転職、マイナビ転職やdodaなど、ありとあらゆる転職サイトがあります。

1〜3月の時期はどの転職サイトも求人数が増えますから、気になる求人が見つかれば会員登録してみましょう。

ただし、あまりたくさんの転職サイトに登録すると、毎日山のようにメールが届くことになります。

メールの処理に時間を奪われるのは非効率ですので、多くても2〜3つの転職サイトに登録すれば十分です。

優良企業からスカウトされることも

リクナビネクストをはじめとした大手の転職サイトにはスカウト機能があります。

学歴や職務経歴を登録しておけば、あなたに興味を持った企業から連絡をもらえる機能です。

いろいろな企業から連絡が来ますが、興味がなければ応募をしなければいいだけです。

また、企業だけではなく提携先の転職エージェントから連絡をもらえることもあります。

「こんな求人があるのですが、興味ありませんか?」と、非公開の求人を打診される可能性もあります。

自分では見つけられなかった企業と出会えるチャンスが増えますので、転職サイトのスカウト機能は積極的に活用しましょう。

自分の強みを無料で診断できる

リクナビネクストのグッドポイント診断

転職活動に役立つ適性診断を無料で実施できる転職サイトもあります。

たとえば、リクナビネクストでは自分の強みを分析できるグッドポイント診断を無料で受けることができます。

グッドポイント診断は、リクルートキャリアが持つ独自のノウハウを活かして開発した、約30分でできる本格診断サービス。

診断に答えるとあなたの強みが判明し、診断結果は自己分析にも活用できることでしょう!

グッドポイント診断 – リクナビネクスト

「あなたの強みを教えてください」「長所と短所は何ですか?」と面接で聞かれたときに、パッとすぐ回答ができない方は、一度診断を受けてみてはいかがでしょうか。

時間をかけて自己分析するよりも、グッドポイント診断のようなサービスを活用したほうが効率的です。

既にリクナビネクストに登録済みの方はすぐに診断を始められるので、移動中や空き時間にぜひ試してみましょう。

転職エージェントの併用も大事

面談中のキャリアアドバイザー

効率的に転職活動を進めるなら、転職エージェントもうまく活用しましょう。

転職サイトだけでも中途採用を募集している企業を見つけることはできますが、転職エージェントにも独自のメリットがあります。

順を追って解説していきます。

非公開求人を見逃してはいけない

転職エージェントを利用するメリットのひとつに、非公開求人の存在が挙げられます。

転職サイトに掲載すると応募が殺到してしまう有名企業の求人や、募集人数の少ない優良企業の求人などは、非公開で募集することが多いのです。

4月から動き出す新規事業の責任者やプロジェクトメンバーの募集なども、競合に知られることを防ぐため、転職エージェント経由で採用することが多いです。

大手の転職エージェントほどたくさんの非公開求人を抱えていますし、中堅クラスの転職エージェントも独自の非公開求人をたくさん保有しています。

あなたの経歴を活かせる魅力的な求人と出会える可能性もあるため、いくつかの転職エージェントに足を運んでみることをおすすめします。

添削で書類選考の通過率アップ

転職活動を進めていくと、書類選考でつまづいてしまう人は意外なほど多いです。

転職サイトで10社近く応募したのに、1社も面接に進めなかった…という人もいるくらいです。

特に転職が初めての方の場合、職務経歴書の書き方で迷ってしまう方は多いですね。

ネット上で情報を集めて自力で書き上げることもひとつですが、ここでも転職エージェントを活用した方が効率的です。

転職エージェントのキャリアアドバイザーは日々何十通もの職務経歴書に目を通していますから、書類選考突破のコツを誰よりも理解しています。

どういった書き方をすれば書類選考を突破できるようになるのか、応募書類の添削をしてもらいましょう。

面接が苦手なら事前に対策を

魅力的な求人を見つけて、書類選考を無事に突破できたとしても、面接で落とされてしまっては意味がありません。

面接に苦手意識を持つ人も多いですが、できることなら事前に対策をしておきましょう。

Amazonや楽天で調べてみると、面接対策に関連した書籍はたくさん見つかります。

ただし、本を読みながら面接テクニックを学んでいくのは非効率の極みです。

たとえば、転職エージェント最大手のリクルートエージェントでは、面接官の立場をシミュレーション体験できる面接力向上セミナーを定期的に開催しています。

受講者の99%が「大変満足」または「満足」と回答している人気セミナーです。

面接に苦手意識がある方は、本命の会社の選考を受けに行く前に受講しておきましょう。

面接は一発勝負、失敗したら次はありませんよ。

春から新生活を始めるなら早めに行動を

新緑に囲まれたスーツ姿の女性

新しい仕事に就いて春から新生活を始めたいのなら、1月から2月でどれだけ転職活動を進められるかが勝負の分かれ目です。

在職中の場合、引き継ぎの業務も重なって転職活動にあまり時間を避けないこともあるでしょう。

効率的に進められるように、転職サイトや転職エージェントを最大限に活用しましょう。

特に2月は転職希望者が増える時期ですので、なるべくいい条件の会社に転職したいならすぐにでも一歩を踏み出しましょう。

転職エージェント各社も繁忙期に入るため、早めに面談を申し込まないと、実力のあるキャリアカウンセラーに担当してもらえない可能性が高まります。

一概には言えませんが、入社一年目の新人アドバイザーに転職の相談をするのはちょっと不安ですよね。

のんびり転職活動を進めていては、魅力的な求人を他の応募者に奪われてしまいます。

転職活動で失敗しないためにも、できることから早めに行動を始めることが大切ですよ。

あなたの転職活動がうまくいくことを願っています。

転職エージェント人気ランキング

リクルートエージェント

リクルートエージェント
評判 5.0
特徴 転職支援実績No.1
エリア 全国

ビズリーチ

ビズリーチ
評判 4.0
特徴 年収600万円〜でNo.1
エリア 全国

WORKPORT

ワークポート
評判 3.5
特徴 転職決定人数No.1
エリア 関東・関西メイン
あなたに合う転職サービスを探す
お住いの地域
あなたの年齢
直近の年収
希望の職種
希望の雇用形態