オフィスのデスクでショックを受けている男性

いつの時代でも、経営不振等の理由により給与が未払いとなり、退職を余儀なくされる方はいます。

その場合、ご自身で退職届を出してしまったため、3ヶ月間は失業給付が受け取れないと思っている方もいるかもしれません。

給与未払いの場合は退職届を提出したかどうかにかかわらず、会社都合退職の扱いにすることができます。

これにより、7日間の待期期間終了後、失業給付を受け取ることができます。

どのような手続きが必要なのか、これから一緒にみていきましょう。

給与未払いでの退職は失業給付が早く受け取れる

封筒から札束を取り出す男性

給与未払いで退職すると、特定受給資格者の対象となることにより失業給付を早く受け取ることができます。

その理由とメリットは何か、説明していきます。

1/3以上の未払いがあれば特定受給資格者の対象

給与は労働者に対する賃金です。

賃金の支払いには、労働基準法により「賃金支払いの五原則」と呼ばれている決まりがあります。

賃金については、労働基準法第24条において、

  1. 通貨で、
  2. 直接労働者に、
  3. 全額を、
  4. 毎月1回以上、
  5. 一定の期日を定めて

支払わなければならないと規定されています(賃金支払の五原則)。

賃金の支払方法に関する法律上の定めについて教えて下さい – 厚生労働省

このように給与は、本来月1回以上、決められた日に全額が支払われるべきものです。

しかし給与が支払われなければ、生活が成り立ちません。

そのため、給与未払い、または給与の支給が遅れたことを理由として退職した場合は、特定受給資格者の対象となります。

特定受給資格者は、解雇や倒産等で離職したとみなされる人が対象となります。

この対象となることで、会社都合により離職したとみなされます。

また給与の一部が支払われている場合も、3分の1を超える金額が決められた日に支払われなかった場合は、特定受給資格者の対象です。

特定受給資格者が自己都合退職より有利な点

ビジネス街を歩く20代の社会人女性

特定受給資格者は、一般的な自己都合による退職者よりも有利な点が多数あります。

  • 失業給付の受給日数が、自己都合退職者よりも3割以上多い(但し30歳未満で加入期間が5年未満の場合は、自己都合と同じ日数)
  • 失業給付を3か月間待つ必要なく、7日間の待期期間終了後の日の分から受け取れる
  • 失業給付受給後は、国民健康保険税を減額してもらうことができる

詳しくは以下の記事をご覧ください。

給与未払いの事実を証明する方法

自宅で家計簿をつけている女性

給与の未払いが事実としても、他の人に認めてもらうためには証拠が必要です。

特に給与未払いをする会社は、その事実を隠そうとするかもしれません。

そのため、ハローワークの担当者に認めてもらうためには、ご自身で証拠を用意しなければなりません。

勤務記録をつける

会社のタイムカードや出退勤記録をコピーできれば手っ取り早いですが、現実には難しいことも多いでしょう。

そのため、あなたが会社に出退勤した記録を、あなた自身でも記録として残しておくことが大切です。

現在ではスマートフォンで使える無料のタイムカードアプリがあります。

出勤時と退勤時にアプリを立ち上げてボタンを押すだけですので、簡単です。

会社のタイムカードと時間は異なりますが、十分な証拠能力となりますので活用しましょう。

あなたの時間単価を証明する

給与は、勤務時間に時間単価を掛けた金額で決まります。

月給制の場合は、毎月の勤務時間に関係なく給与額が固定という場合もあるでしょう。

いずれにしても、雇用契約書や最近の給与明細書があれば、証明書類となります。

支払われていない事実を証明する

給与未払いを証明するには、実際に給与が支払われていないという事実も必要です。

これはいつも給与が振り込まれる通帳のページをコピーし、毎月入金されるはずの給与が入金されていないことを示せばよいでしょう。

また通帳を発行せず、かわりに明細をWebで確認できる銀行もあります。

このような銀行の場合は、画面に表示された明細を保存すると良いでしょう。

できればPDF形式で保存しておくことをおすすめします。

CubePDFなど、無料でPDFファイルにできるソフトもありますので、活用してみてください。

ハローワークで失業給付の手続きを進める方法

パソコンで書類を作成している女性

失業給付を受給するには、あなたの住所地を管轄するハローワークでの手続きが必要です。

その方法やポイントを解説しましょう。

ハローワークへ持参するもの

失業給付の手続きを受ける際には、以下の書類が必要となります。

  • 雇用保険被保険者離職票(1と2の2種類)
  • 個人番号確認書類(いずれか1種類)
    マイナンバーカード、通知カード、個人番号の記載のある住民票(住民票記載事項証明書)
  • 身元確認書類((1)のうちいずれか1種類((1)の書類をお持ちでない方は、(2)のうち異なる2種類(コピー不可))
    (1)運転免許証、運転経歴証明書、マイナンバーカード、官公署が発行した身分証明書・資格証明書(写真付き)など
    (2)公的医療保険の被保険者証、児童扶養手当証書など
  • 写真(最近の写真、正面上半身、縦3.0cm×横2.5cm)2枚
  • 印鑑
  • 本人名義の預金通帳又はキャッシュカード
    (一部指定できない金融機関があります。ゆうちょ銀行は可能です。)

雇用保険の具体的な手続き – 厚生労働省職業安定局

この他、会社が主張する離職理由に異議がある場合は、「給与未払いの事実を証明する方法」で説明した証拠書類を持参する必要があります。

離職票が発行されない場合

給与を支払わない状況の会社であれば、離職票の発行業務が滞っていても不思議ではありません。

会社に離職票の交付を求めても応じない場合は、ハローワークに相談してください。

ハローワークであなたが退職したことが確認できれば、会社に代わって離職票の交付を受けることができます。

ちなみに、どれだけ早くても離職票が手元に届くまで1週間から10日前後かかります。

離職理由が自己都合になっていた場合

給与未払いは会社にとってはなるべく隠しておきたいものですから、離職票を見てみたら自己都合退職扱いになっていたということもありえます。

特にあなたから退職届を出した場合は、自己都合退職と書かれている場合も多いでしょう。

この場合は、「給与未払いの事実を証明する方法」で説明した通り、給与未払いの事実をあなた自身で証明しなければなりません。

最終的な離職理由はハローワークが判定することになっています。

そのため、あなたは必要な証拠を用意してハローワークで説明し、離職理由を変更してもらうように努めなければなりません。

不明点は管轄のハローワークへ確認を

給与未払いで退職するようなことは、本来あってはならないことです。

そのため経験のない方がほとんどであり、わからないことも多数出てくると思います。

できれば事前にお住まいを管轄するハローワークに出向き、必要な書類や記入する上での注意点等を確認しておくと良いでしょう。

ハローワークは基本的に労働者の味方なので、不安な点は気軽に相談してみましょう。

雇用保険のメリットを十二分に活用しましょう

遠くを見つめるスーツ姿の男性

給与未払いを理由に転職した場合、離職票に「賃金未払いのため」などと書かれていれば、手続きはスムーズに進むでしょう。

しかし実際には、自己都合退職と書かれている場合も少なくありません。

この場合、失業給付を早く、そして多く受け取るためには、あなた自身で給与未払いの事実を証明する必要があります。

証拠を揃えてハローワークにあなたの主張を受け入れてもらうことは大変です。

しかしいざという時の雇用保険ですので、必要になったときはそのメリットを十二分に活用することが大切です。

そして安心して転職活動に励み、きちんと給与が支払われる会社に採用されるよう、努力しましょう。

転職エージェント人気ランキング

リクルートエージェント

リクルートエージェント
評判 5.0
特徴 転職支援実績No.1
エリア 全国

ビズリーチ

ビズリーチ
評判 4.0
特徴 年収600万円〜でNo.1
エリア 全国

WORKPORT

ワークポート
評判 3.5
特徴 転職決定人数No.1
エリア 関東・関西メイン
あなたに合う転職サービスを探す
お住いの地域
あなたの年齢
直近の年収
希望の職種
希望の雇用形態