深夜まで残業している女性

毎日遅くまで働いていたのに、残業代がきちんと支払われない…と残業代の不払いに悩む方は少なくありません。

未払い残業代を請求するための方法はあるものの、あなた自身で残業時間を証明しなければなりません。

またタイムカードは会社が管理するものですが、それ以外の方法でも証明することは可能です。

ここでは残業時間をどうやって証明するか、また未払い残業代を請求するポイントについて説明します。

勤務時間の証明はタイムカードが最も確実

タイムカードをチェックしている男性

勤務時間を証明ために最も確実なものはタイムカードです。

しかし様々な理由により、タイムカードを持ち出すことはもちろん、コピーすることも難しいのが現実です。

タイムカードの持ち出しやコピーは難しい

もしタイムカードをコピーすることができれば、それが最も確実な方法です。

しかし一般的にタイムカードは機密情報とみなされます。

誰も見ていないところでコピーできれば良いのですが、このような機会はなかなかありません。

勤務中は上司の目が届く状況であることも多いため、現実的にはコピーを取ることも難しいでしょう。

タイムカードを電子化する企業も増えている

最近では業務効率化のため、タイムカードを電子化する企業も増えています。

タイムカードが電子化されている職場では自分で記録を確認できず、上司の手を煩わせなければならない場合もあります。

この場合、ご自身でタイムカードの内容を印刷することは困難です。

タイムカード以外で残業時間を証明する方法

スマホをチェックしている若い女性

ここまで説明してきた通り、タイムカードを持ち出すことはもちろん、コピーや印刷することも難しい職場は少なくありません。

そのような場合は無理にタイムカードにこだわらず、他の方法で残業時間を証明することが大切です。

ここでは、比較的簡単な作業で証明する方法を紹介していきます。

勤怠スマホアプリを使う

スマートフォンの普及に伴い、出勤・退勤の記録を取れるスマホアプリが多数登場しています。

オフィスに入る前に出勤ボタンを押し、オフィスを出た後に退勤ボタンを押すだけで記録できるアプリが多いです。

その日の勤務時間が自動で計算されますので便利であり、しかも無料で使えるアプリが多いことも魅力です。

アプリを選ぶ際には、勤怠データをcsvやExcel等で出力できるものを選びましょう。

出退勤時間のメモを取る

ご自身の手帳やノートに出勤・退勤時刻のメモを取ることも残業時間を証明する有効な方法となります。

スマホなどが使えない職場でも、紙と筆記用具さえあればどこでもメモが取れることも魅力です。

ただし、残業時間を証明することが目的ですから、きちんと保管しておくことが大切です。

そのためメモ用紙等に記録することは避けましょう。

未払い残業代を診断

IT知識のある方はより正確な情報を収集

夜中まで残業中の男性

ここまで紹介した残業時間の証明方法は、いずれもオフィスの外で操作する方法です。

さらに信頼性を上げたいという方は、これから紹介する方法を使うことも1つの方法です。

ただし、どちらもパソコン操作にある程度精通している人向けの方法です。

メールの送信一覧画面を印刷する

勤務先の会社では、1人1台のパソコン等が用意され、普段の業務でメールを使っている方も多いでしょう。

さまざまなメール画面のうち、メール送信一覧にはあなたが送信したメールがリストで表示されています。

従って、メールの送信一覧画面のスクリーンショットを取るなど、年月日と時刻が記録された状態のものを印刷すると良いでしょう。

パソコンの起動時間の一覧を印刷する

もっとIT知識のある人ならば、パソコンのログイン・ログオフ時刻を記録する方法もあります。

Windows8や10であればスタートボタンを右クリックすることで「コンピュータの管理」が出てきますので、これを選びます。

Windows7の場合はスタートボタンからコントロールパネル、管理ツールの順に開くと出てきます。

このなかにイベントビューアーが出てきますので、「Windowsログ」の「システム」を開きましょう。

さまざまなWindowsの動作に関するログが出てきますが、そのなかにログインやログオフといった記録も必ずあります。

ソートや絞込み機能を使って、ログインやログオフの記録をスクリーンショット等で記録し、印刷しましょう。

なおログインやログオフに代えて、起動とシャットダウン時刻を記録する方法でもかまいません。

こちらのほうがより実働時間に近い数字となるでしょう。

なるべく他の従業員がいない時間帯に

ここに掲載した方法はオフィス内で行う作業ですので、他の人に見つからないよう、慎重にタイミングを見て行う必要があります。

そのため従業員のいない時間帯に少しずつ行うと良いでしょう。

普段から勤務時間の記録を取ることが大切

スマホを操作中の青いシャツの男性

会社との間で残業代不払いの問題が発生する場合、入社した当初から明らかに問題のある会社ということが分かる場合もあります。

しかし多くの場合、入社してしばらくしてから問題が起きるケースも少なくありません。

そのため平穏に勤務できているときでも万が一の場合に備え、普段から勤務時間の記録を取っておくことが大切です。

未払い残業代は、請求する側が証明すべきもの

未払い残業代があることの証明は、労働者ご自身で行わなければなりません。

なぜなら未払い残業代を受け取る権利を行使し、その結果利益を得るのは、労働者の側であるためです。

残業代請求において、最も重要なことは「証拠収集」です。残業代を請求する際の「立証責任(確実な証拠で立証する責任)」は「請求者」にあるからです。(一部要約)

未払い残業代の請求には証拠が必要!立証責任を軽視しているあなたへ

確かにタイムカード等の証拠はほとんど会社側にあるため、会社側に証明させればよいではないかと思われる方も多いと思います。

しかし現在の法制度ではそのような仕組みにはなっていませんから、あなた自身で何とかして証明する必要があります。

未払い残業代を診断

どれだけ残業代を請求できるか計算しておく

封筒から札束を取り出す男性

残業時間の情報がまとまったら、残業代の計算もあなた自身で行う必要があります。

ここではどのような方法で計算すれば良いか、概要を説明していきます。

日々の勤務時間を確認する

勤怠スマホアプリを利用する場合は、日々の勤務時間を自動的に計算してくれます。

それ以外の場合は、あなた自身で勤務時間の計算をしなければなりません。

時間が分からなければ請求額も決まりませんので、面倒がらずにきちんと計算することが大切です。

日々の所定労働時間を確認する

勤務日1日当たりに決められた労働時間を、所定労働時間といいます。

所定労働時間は、誰もが1日8時間労働とは限りません。

このため、雇用契約書や就業規則等で確認しておくことが必要です。

もし以前に会社から勤務体系や給与等についての資料が渡された場合は、参考にしても良いでしょう。

日々の勤務時間から所定労働時間を差し引いた数字が残業時間となり、この数字に時給相当額を掛けた金額を受け取ることができます。

割増して受け取れる場合もある

原則として労働時間が週あたり40時間を超えた場合、その部分は25%増しとなります。

また深夜残業は25%増し、休日出勤(予め振休を取得する場合を除く)の場合は35%増しの金額となります。

残業の証拠を揃えて早めに専門家へ相談を

電車に乗りながらスマホを見ている女性

残業代未払いなど、雇用に関する問題の解決には専門的な知識が必要といわれています。

また証拠を収集する際は会社からの妨害も考えられますので、なるべくこっそりと行う必要があるでしょう。

残業代不払いが疑われる場合は、早めに弁護士などの専門家に相談することがベストです。

相談に行くときには、できる範囲で証拠を揃えていくと良いでしょう。

また証拠収集方法についても、専門家のアドバイスを受けることが大切です。

あなたがせっかく働いた分の残業代をしっかり受け取るためにも、証拠の収集は細心の注意を払って行うようにしましょう。

未払い残業代は退職後2年以内に請求を

「今まで残業代なんて支払われたことがない・・・」

「サービス残業が当たり前だと思ってた・・・」

という方も多いですね。でも知っていますか?

本来もらえるはずだった残業代は、退職から2年以内なら請求できます。

ただし、2年経ってしまうと残業代は1円も請求できませんし、時間が経つほど請求金額は減っていきます。

もし今退職を考えているのなら、もしくはすでに退職しているなら、まずはいくら取り返せるかサクッと調べてみませんか?

あまりにひどい職場だったなら、100万円以上取り戻せるかもしれませんよ。

転職エージェント人気ランキング

リクルートエージェント

リクルートエージェント
評判 5.0
特徴 転職支援実績No.1
エリア 全国

ビズリーチ

ビズリーチ
評判 4.0
特徴 年収600万円〜でNo.1
エリア 全国

WORKPORT

ワークポート
評判 3.5
特徴 転職決定人数No.1
エリア 関東・関西メイン
あなたに合う転職サービスを探す
お住いの地域
あなたの年齢
直近の年収
希望の職種
希望の雇用形態