「残業」タグの記事一覧

8時間以上働いても残業代が支給されない?月間変形労働時間制とは

仕事が嫌だコラム
デスクで頭を抱える女性

1日8時間を超える労働には割増賃金が支払われることが原則ということは、よく知られていることです。しかしこれは原則であって絶対ではありません。制度によっては、1日8時間以上働いても割増賃金が支払われない場合もあります。月間変形労働時間制の制度とポイントを説明します。

裁量労働制でも残業代は請求可能!制度の内容や計算方法を解説

仕事が嫌だコラム
渋い顔で書類をにらむ男性

うちの会社は裁量労働制だから、残業代は出ない? それは単なる勘違いです。もしくは騙されています。裁量労働制が適用されるためには条件があり、適用対象であったとしても、残業代を請求できるケースはあります。裁量労働制の仕組みや残業代について詳しく説明します。

持ち帰り残業の実態に注意!定時で帰れる会社に転職したはずなのに

仕事が嫌だコラム
自宅で仕事中の社会人

「残業なし、定時退社」を信じて入社したものの、毎日持ち帰り残業に苦しむことになると職場への不満はたまる一方。内定をもらうまでの間に面接などいくつかの選考を受けますが、これは企業を見極める良い機会。残業のない職場を見極めるにはチェックポイントがあります。

みなし残業や固定残業でも超過分は残業代を請求することが可能

仕事が嫌だコラム
書類を睨んでいるスーツ姿の男性

みなし残業や固定残業と称して、一定金額しか残業代を払わない職場もあります。この取扱いは違法であり、原則として働いた分だけ残業代を請求することができます。みなし残業や固定残業の取扱いについて、また営業等に多い「事業場外みなし労働時間制」について説明します。

年俸制でも残業代は支給される!悪質企業に騙されないための基礎知識

仕事が嫌だコラム
くたくたで帰宅した男性

会社から「年俸制だから残業代は支給されない」と説明されたため、そのように思っている人も多いですね。しかし会社に雇用されている限り、年俸制であっても残業代を支払わなければなりません。悪質企業に騙されないために、年俸制と残業代の関係について解説していきます。

残業80時間以上は過労死ライン!劣悪な労働環境は一刻も早く離脱を

仕事が嫌だコラム
ベッドに倒れ込んでいる男性

残業80時間以上/月が2ヶ月以上続いた場合、過労死ラインと呼ばれていることをご存知でしょうか。過労死ラインを超えて働くとさまざまな心身の不調の原因となり、最悪の場合、命にもかかわります。今回の記事では、残業80時間以上の過労死ラインについて詳しく解説します。

朝礼や清掃も労働時間に含まれる!サービス残業を避けるための基礎知識

仕事が嫌だコラム
夜中まで残業中の男性

朝礼や清掃などの時間は給料を払わないという会社も、残念ながらたくさんあるようです。しかし、何が労働時間にあたるかということについてのルールは存在し、実際に労働基準監督署の指導を受けた事例もあります。サービス残業を避けるために必要な基礎知識を解説します。

未払い残業代を取り戻すための基礎知識!退職後速やかに請求を

仕事が嫌だコラム
夜中まで残業中の女性

未払い残業代の時効は2年ですから、退職後速やかに請求するのが正解です。できれば、弁護士などの専門家に依頼すると良いでしょう。未払い残業代が時効になったらどうなるか、また時効になる前にできるだけ多く未払い残業代を回収するにはどうしたら良いか解説します。

残業時間はタイムカード以外でも証明可能!未払い残業代を請求するコツ

仕事が嫌だコラム
深夜まで残業している女性

残業代の不払いに悩む方は少なくありません。未払い残業代を請求するための方法はいくつかあるものの、あなた自身で残業時間を証明しなければなりません。今回は残業時間をどうやって証明するか、また未払い残業代を請求するポイントについて詳しく説明します。

残業したくない人におすすめの業界!転職先を選ぶときの注意点

転職ノウハウ
残業続きで力尽きた中年女性

連日の長時間労働に疲れ果てて、もう残業はしたくない!と転職を考える方はたくさんいます。とはいえ、どのような業種へ転職すれば残業が少ないのか不安に思う人もいるでしょう。今回の記事では、残業したくない人が転職先に選んではいけない業界についてご紹介します。

ページの先頭へ