パソコンで仕事をしている女性

転職活動において、履歴書の提出は必須。

書類選考でチェックされる書類でもあるため、なるべく丁寧に書きたいと思いますよね。

いざ履歴書を書こうと思ったときに気になるのが、手書きとパソコンどちらで作成すべきかということ。

一般的に手書きの方が丁寧な印象を与えられるというイメージはあるものの、はっきり言って非効率極まりありません。

転職活動の選考で提出する履歴書は手書きで書くべきか、それともパソコンで作成すべきか、詳しく解説します。

転職活動の履歴書はパソコンで作成すべき

デスクで仕事中の女性

結論からお伝えすると、転職活動で提出する履歴書はパソコンで作成しましょう。

手書きの履歴書を送付したら一発で不合格にされる!という訳ではありません。

丁寧な印象を与えられることに間違いはありませんが、パソコンで作成した履歴書のほうが好まれることが多いです。

ではなぜ手書きではなくパソコンで履歴書を作成したほうがよいのでしょうか。

順を追ってご説明します。

パソコンのほうが読みやすい

ひとつ目の理由として、パソコンで作成した履歴書のほうが読みやすいという点です。

人それぞれではありますが、どうしても手書きの文字は読みづらいことも多いです。

パソコンで作成すれば、極端に小さなフォントを使ったり、印刷に失敗しない限り、はっきりと読むことができます。

書道○段で文字の美しさには誰よりも自信がある!ということであれば、手書きで押し通してみるのもひとつです。

自分がどう思うか、ではなく採用担当者がどう感じるか、という点を意識してみましょう。

作成時間を短縮できる

2つ目の理由は、作成時間を短縮できることです。

手書きで履歴書を作成する際、1文字でも間違えてしまえば基本的にすべて書き直しです。

履歴書や職務経歴書を作成する場合、修正ペンや修正テープの使用は原則禁止されています。

現職で仕事をしている方は特に、何枚も履歴書を書き直している時間の余裕はないですよね。

パソコンで作成した場合、文字を間違えた場合も修正はあっという間です。

忙しい社会人だからこそ、転職活動においても効率的に進めることを意識しましょう。

データを何度も転用できる

最後に、パソコンで作成した履歴書は何度も転用できることが挙げられます。

転職活動では何社もの企業の選考を受けることになります。

その度に何枚も履歴書を書くのは大変ですよね。

パソコンで履歴書を作成していれば、ほとんどの部分をそのまま繰り返し使うことができます。

証明写真もデータ化しておけば、何度もスピード写真を撮り直す必要もなくなります。

手書きの履歴書は受け付けない企業もある

書類を睨みつけている中年男性

転職活動を進めていく上で注意したいのは、手書きの履歴書を受け付けない企業もあるということ。

エクセルやPDFで送るように指示してくる企業も増えてきました。

学生の就職活動では、履歴書の手書き神話が未だに根強いですが、中途採用となると話は別です。

余程の理由がない限り、履歴書はパソコンで作成したほうが無難です。

手書きの履歴書は扱いが面倒くさい

ではなぜ手書きの履歴書を嫌がる企業があるのかというと、扱いが面倒くさいということに尽きます。

応募者の履歴書をPDF化して、社内の共有サーバー上で管理しているような企業も多いです。

面接担当者に応募者の情報を渡す際も、データでやり取りできたほうが便利なのです。

データ化した履歴書をタブレットで表示しながら面接するような企業もあるくらいです。

手書きの履歴書はわざわざスキャンしないといけませんし、写真がはがれるリスクもあれば、保管場所も必要です。

不合格を伝えた応募者から「履歴書を返してほしい」と連絡が来ることも多く、手書きの履歴書を受け取ることは手間がかかることばかり。

迷惑がられる可能性があるため、特別指定がない限りはパソコンで作成した履歴書を送るようにしましょう。

履歴書の形式は問われないことがほとんど

いざパソコンで履歴書を作成するとなっても、フォーマットはどれを選べばいいのか迷ってしまう人も多いです。

企業側から何か指定されない限り、一般的な履歴書のフォーマットで問題ありません。

「履歴書 テンプレート」でGoogle検索すれば、いくらでも見つかりますから気に入ったものを使用しましょう。

学生時代、大学指定の履歴書を使用した経験がある方も多いと思いますが、受け取る側からすると細かい形式はどうでもいいことです。

あなたの氏名や年齢、住所をはじめ、学歴や職歴、資格や配偶者の有無など、基本的な個人情報を確認できればそれでいいのです。

エクセルやワードが得意な方は、自分でテンプレートを作成してみても良いでしょう。

書類選考突破は転職活動の最初の壁

机の上に置かれた大量の書類

転職活動において、最初の壁となる書類選考。

履歴書や職務経歴書の内容だけで合否が判断されてしまいます。

履歴書は基本的な個人情報を記載することがメインですので、あまり工夫のしようがありませんが職務経歴書は別です。

転職が初めてという方は特に、職務経歴書の書き方で迷ってしまうことも多いでしょう。

書類選考を突破できるか不安な方は、あらかじめ第三者からアドバイスをもらうことをおすすめします。

転職の相談ができる先輩や、身近な友人に作成した履歴書や職務経歴書を見てもらいましょう。

第三者から見てわかりやすいかどうか、あなたの強みや魅力が伝わる内容になっているか事前にチェックしておくことが大切です。

転職エージェントで履歴書を添削してもらう

転職の相談ができたり、応募書類を見てくれる知人が身近にいない…という場合は、転職エージェントをうまく活用することをおすすめします。

転職エージェントは、あなたにあった企業を紹介してくれるだけではなく、履歴書や職務経歴書など、応募書類の添削も無料で対応してくれます。

転職エージェントのキャリアアドバイザーは、日々何通もの職務経歴書に目を通しています。

どういった書き方をすれば書類選考を突破しやすいか、具体的なアドバイスをもらえますよ。

応募書類の書き方に不安がある方こそ、興味のある企業へ応募する前に添削を受けておくことをおすすめします。

とはいえ転職エージェントも大手からベンチャーまで山のようにあります。

どの会社へ相談に行けばいいのか迷ったときは、まずは最大手のリクルートエージェントを利用してみましょう。

抱えている求人数も圧倒的で、転職を成功させてきた実績も業界No.1です。

まだ相談に行っていない方は、この機会に申し込んでみましょう。

履歴書はパソコンで作成して効率的な転職活動を

気合を入れている20代の社会人女性

転職活動で提出する履歴書は、余程の理由がない限りパソコンで作成しましょう。

あなた自身も効率的に転職活動を進めていけますし、受け取る側にとってもデータ化されていたほうが便利です。

転職活動はスピードが大切です。

昨日見つけた求人に今日応募しようと思ったら既に募集が終了していた、ということは日常茶飯です。

特に現職中で時間に余裕のない方は、履歴書の作成に時間を奪われることは致命的です。

書き方で迷ったときは、ひとりで考え込むことはせずに、転職エージェントに相談へ行ってプロからアドバイスをもらったほうが効率的です。

魅力的な求人を他の応募者に取られてしまわないように、スピード感を意識して転職活動を進めましょう。

あなたの転職活動がうまくいくことを願っています。

転職エージェント人気ランキング

リクルートエージェント

リクルートエージェント
評判 5.0
特徴 転職支援実績No.1
エリア 全国

ビズリーチ

ビズリーチ
評判 4.0
特徴 年収600万円〜でNo.1
エリア 全国

WORKPORT

ワークポート
評判 3.5
特徴 転職決定人数No.1
エリア 関東・関西メイン
あなたに合う転職サービスを探す
お住いの地域
あなたの年齢
直近の年収
希望の職種
希望の雇用形態