自宅でスマホを眺めている女性

有休消化をどのように過ごすか、もう決めましたか?

まとまった長期休暇を取りづらい私たち社会人にとって、退職するときの有休消化はいわばボーナスタイム。

どれだけ休めるかは残っていた有休日数次第ではあるものの、人によっては2週間前後たっぷり休めます。

次の仕事がはじまると、また忙しい日々が待っているんですから、今のうちにリフレッシュしないなんてダメです、絶対。

このページでは、有休消化のおすすめの過ごし方について社会人100人にアンケート調査した結果を掲載しています。

「有休消化、どう過ごそうかな・・・」

と悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

有休消化の王道といえば旅行

海外旅行に出かける女性

1週間前後休めるなら、真っ先に旅行が思い浮かぶ人も多いですよね。

いつか行ってみたかった旅行先、いくつありますか?

予算によって行ける範囲は変わるものの、非日常を味わえる旅行は有休消化と相性抜群。

今回のアンケートでも、旅行をおすすめする声が圧倒的多数でした。

なぜ旅行に行くべきなのか、寄せられたコメントをいくつかご紹介します。

自然に触れる事が1番のリフレッシュになると思います。海、山、湖、森林、田舎。私の場合こういった場所へ行くだけで日常を忘れる事ができて心からリフレッシュする事ができます。(40代 会社員)

1週間以上休めるのであれば、旅行に行きましょう。家にいるとどうしても仕事のことを思い出してしまいがちになります。リフレッシュには仕事のことを全て忘れて思い出さないようどこか遠くに行きましょう。(30代 会社員)

旅行をおすすめします。場所はリゾートなどゆっくりできるところがいいと思います。非日常のような空間で過ごすことで疲れを取り、今まで頑張った自分へのご褒美にできるからです。(20代 会社員)

海外や、国内の離島、北海道や沖縄など、普段行けない場所へ旅行する。日常から離れてリラックスできる。(30代 書籍編集者)

自分へのご褒美として、これまで忙しくて行きたくても行けなかった場所を旅行しておく。そうすることで、これからの活力になります。(30代 フリー)

海外旅行をおすすめする声

ある程度予算に余裕があるなら、やはり海外に行きたいですね。

シーズンオフなら航空券も安くなるので、お得に旅行を楽しめます。

台湾や韓国などの近場なら10万円くらいあれば十分楽しめるので、予算が少なめな方も考えてみてはいかがでしょうか。

パーッと使ってしまいたいなら、ヨーロッパやハワイに行ってしまうのもよさそうです。

観光やショッピング、おいしい料理など、日本では経験できないことがたくさん待っていますよ。

海外旅行です。1日の休みなら日帰りソウル。2日なら香港。など日数に合わせた旅行先に必ず行きます。(20代 営業事務)

ハワイなどのリゾート系に行くのがお勧めです。時間の流れがゆっくりしているので、リフレッシュするときには最適な場所です。日本ではできないことが沢山出来るので、思いっきり遊ぶことができ、楽しめると思います。(30代 ライター)

海外に旅行に行き、違う文化や言語・その国ならではの景色に触れる事で、心と体の栄養補給になるとと思います。グアムやハワイであれば日本語も通じてコミュニケーションにストレスを感じないので、リラックスしてリゾートの雰囲気も楽しめます。そして、旅行で自分が感じたことや経験したことをモチベーションにして、次の仕事へ切り替えもしやすいと思います。(30代 介護福祉士)

日程的には行きたくても行けなかったヨーロッパ旅行。長期の休みだからこそ、思い切って行って次への活力につなげたいから。(30代 会社員)

転職すると再びまとまった休暇を取るのは難しいので、ぜひ旅行に行ってほしいと思います。私のおすすめは東南アジア。遺跡が多いカンボジアやタイは特におすすめです。日本の文化遺産のように整備が不十分ですが、だからこそ悠久の時間の流れを感じることができるので、非日常を味わうにはピッタリです。(40代 事務員)

ヨーロッパなどの海外旅行がお勧めです。仕事が始まるとなかなか長期休暇はとりにくいのでヨーロッパなどの海外旅行に長期的に行くことが進めです。(30代 会社員)

4泊6日で海外旅行に行きました。普段ですと長期の休みはどこも混むし料金も割高です。しかし、シーズンオフの平日だったのでとても安く旅行をする事が出来ます。(40代 会社員)

海外旅行。とくに、移動に時間がかかる中南米やヨーロッパへ行きます。企業に勤めていると、お休みを2週間もとるのは難しいもの。有給消化中なら、みんながお休みのゴールデンウィークや年末年始と違い、平日移動が可能なのでエアチケットも安いので、自分へのご褒美と次の仕事へのエナジーチャージとして、別世界を体験しに行きます。(40代 編集者)

1人旅なら台湾がおススメ!私は断然市場に行くのをお勧めします。外食文化の台湾はどこも安くて美味しい。現地の人も優しいです。街中のお茶スタンドがエスプレッソスタイルでミルクティーがおいしいです。パン屋さんもクオリティ高めです。中世記念堂横の飲茶屋さんは現地人も沢山いておいしいです。ガイドブックのど定番店行くよりぜひ街中のお店に入ってください!(40代 会社員)

海外旅行。場所はニュージーランドやアイスランドなどの大自然がある国。大自然を見ていると普段の生活における悩みがちっぽけなことに思えて、元気を貰える。(20代 会社員)

国内旅行をおすすめする声

「英語は苦手だし、海外はちょっと怖いかも・・・」

という方には国内旅行をおすすめします。

北海道や沖縄など、ちょっと遠くの観光地まで足を運んでみてはいかがでしょうか。

新幹線や飛行機を使わずに、あえて電車や車で移動してみたり、贅沢に時間を使ってみるのも楽しそうです。

車を運転出来るのならば、道の駅のスタンプラリーをやる。北海道の場合、100数カ所あるが1週間程度で回れると思う。(40代 パート)

広島県尾道市の散策をおすすめします。港町の空気感がすごく良いです。坂の町なので、坂を登ったりと体を少し動かすのもリフレッシュできます。海を見ながらボーっとするのも、働いている時にはもったいない特別な時間という感じで良いです。(30代 事務)

長野の北部へ1人で車で行きました。日本アルプスの綺麗な山並みを楽しみながら、自転車を借りてわさび農園へ行ったり、吹きガラス体験をしたりして、1人で思いっきり楽しみました。(30代 専業主婦)

できるだけ遠く離れていて普段生活している場所とは違った所に旅行に行くことです(例えば東京だったら北海道や沖縄などで自然がたくさんあるところ、北海道の田舎だったら東京や大阪などの都心部)。慣れていた環境から離れて過ごすことで、身体的にも精神的にも正常に戻っていくような感覚を味わうことができます。また違った価値観に触れることもできるので、新しい考え方を見つけられるきっかけになるためです。(30代 会社員)

自分は休みでも家族(奥さん)は休みではないので、意外と家族で旅行するチャンスは少ないです。 それでも少し休みを取ってもらい、2泊3日で石垣島へ旅行しました。転職に際しては色々迷惑をかけてしまったので、一緒にリフレッシュしました。(30代 事務)

沖縄や北海道など、遠いところへ旅行に行くのがおススメです。実際に、同じ時に退社予定の同僚と沖縄旅行に行きました。飛行機を使って行く旅行は長期の休みでないと難しいので、いい思い出になりました。(30代 会社員)

のんびりできる温泉旅館

国内で旅行先を探すなら、温泉は外せませんよね。

のんびりお風呂に使って、おいしい料理に舌鼓。

遠くまで行くのが面倒な人は、スーパー銭湯で1日のんびり過ごすのも楽しいですよ。

3,000円もあれば、お風呂にサウナ、食事とたっぷり満喫できるでしょう。

旅行がおススメです。温泉や南の地域に行くのがおススメで、理由はゆっくり温泉に浸かったり、暖かい地域でゆったりとした時間を過ごすことが出来て非日常的な空間を楽しむ事が出来るからです。(30代 会社員)

電車で一人揺られていたり、温泉にゆっくりつかると、この先の自分の人生についてゆっくり見つめることができる良い機会になると思います。(30代 会社員)

温泉旅行が行けない人に 近くの スーパー銭湯です 私の行っている所は 軽食や ビールが飲めたりするので 朝から 夕方までゆっくり 風呂に入ったり のんびりテレビ観ながらビール飲んだりで 自由気ままに 安く遊べます(50代以上 会社員)

疲れを癒やすという意味において、自然豊かな温泉地で養生するのがおすすめです。(50代以上 在宅ワーカー)

一人でゆったり過ごせる場所がいいので、お風呂と料理が堪能できるようなちょっと贅沢なホテルや旅館で過ごすのがおすすめです。観光地などを巡ったりせず、部屋の中だけで過ごすと頭の中も整理されてとてもリフレッシュできるからです。(40代 会社員)

私の実体験ですが、旅行に行きました。大それた旅行でなく1泊の温泉旅行でしたが、北軽井沢に行き浅間山の雄大な風景と、雪のたくさん積っている広場で、誰も踏み入れてない場所で、雪の上におもいきりダイブしました。 それまでの嫌な事、自分の悩みなど、ちっぽけな事だと気付きスッキリして帰ってこれました。(40代 医療事務)

テーマパークを満喫

ディズニーやUSJなど、人気のテーマパークで1日中遊び倒すのもおすすめです。

平日なら人も少ないですし、オフシーズンなら近隣のホテルも安く泊まれます。

せっかくなら2泊くらいして、すべてのアトラクションを制覇してみてはいかがでしょうか。

ディズニーリゾートの年間パスポートを購入してほぼ毎日通いまくりました。その後仕事を始め休日にしか行けなくなっても有給中に通ったので損することなく元は取れました。夢の国で現実逃避でき、とてもリフレッシュすることができるのでおすすめです。(30代 販売)

USJやディズニーランドなどの行くと疲れる場所へ行くことをお勧めします。土日祝日だとより混んでいるし、1日では周りきれないので連続宿泊が可能であり、旅行帰宅後は疲れるので、仕事がなくて休めることを考えると、長期の連続休み時に行くべき場所だと考えます。(30代 事務員)

旅行に行きます。平日休めるということで、普段混んでいるディズニーランドに行くのをオススメします。いつでも混んでますが、平日ならいつもよりはすいてるかもです。(40代 パート販売員)

家でゴロゴロしながらのんびりする

ベッドに寝転ぶ女性

「せっかくの長期休暇だからこそ、家でのんびり過ごしたい!」

という人もいますよね、もしかしてあなたもそのひとりでしょうか。

買ったもののずっと放置していたゲームをはじめ、録画したままのドラマや見たかった映画など、家の中でできることもたくさんあります。

こちらもさまざまなコメントが寄せられたので、参考にしてみてください。

ひたすら家でゴロゴロして過ごし、夜更かししたり寝たいときに寝まくります。(30代 会社員)

旅行はお金がかかるので、ペットとお家でゴロゴロしたり、お家で映画鑑賞したり、とりあえずなにも時間内に縛られず過ごすことがおすすめです!(20代 会社員)

普段が忙しくて、なかなかまとまって寝れないので、とりあえず3日くらいはゴロゴロして寝だめして、そのあとは自分の好きな趣味に没頭します。(20代 ブライダルプランナー)

どうせまた働かなければいけないので不規則な生活をしてニート気分を味わうのがおすすめです。仕事をしてたら今の時間こんなことしてたなあと思いながらのんびりするのが気分がいいです。(20代 事務)

まずは体を休めることです。もうこれでもかってくらい寝ます。普段時間に追われてぐっすり眠れないので、起きたときの爽快感は段違いです。充分に休んだらお部屋の掃除や模様替えを楽しみます。気持ちの切り替えにもなって良いです。後は、温泉に行ったり、行きたかった所に出かけたりしてリフレッシュします。(40代 保育士)

ゲームや映画を見て過ごす

お子さんのいる方だと、時間がたっぷりあっても家族で旅行に行くとなると結構大変です。

リフレッシュするつもりが子供たちに翻弄されて余計に疲れてしまったり・・・

子供が幼稚園や学校に行っている間に気になっていた映画を見て過ごす方法なら、のんびりと体を休めつつリフレッシュできますね。

最近はDVDをわざわざ借りにいかなくても、パソコンやスマホですぐに映画やドラマを見られるので便利ですよね。

買ってはみたものの、なかなかやる時間がなくて積み上げてしまったゲームを終わらせます。(40代 自営業)

仕事をしている時はなかなか時間が取れなかったので、時間に余裕がある有給休暇中はDVDをレンタルしてきて一気に見ます。ドラマでもいいですし映画でもいいですし、ゆっくりと身体を休めるような過ごし方がいいと思います。(30代 フリーランス)

趣味の海外サッカー放送を梯子してみること。イングランドプレミア→ドイツ→セリエA→スペインと続けてみれば、21:00~翌7:00くらいまでぶっ続けでサッカーを見れます。スポーツ観戦はやはりストレスの発散になりますし、仕事をしているとなかなか夜更かしできません。(30代 会社員)

それまでプレイする時間を取れなかったゲームをやったり、映画を見たりして過ごすと良いでしょう。(30代 会社員)

自分が有給取った時に過ごした方法で面白かったのはとにかく自宅で映画を観まくる!でした。とにかく一度したくてトライした過ごし方です。インドアでどこまで飽きずに過ごせるか?何日で自分は飽きるのか?食材もジャンクでも何でもいいから食べられるものを買いました。好きな時に食べて好きな映画をとことん観る。海外ものを観ると海外に旅行気分。青春もので若い頃にタイムスリップ。時間に束縛されずに過ごす。(50代以上 看護師)

私も以前2週間ほど有給消化したのですが子供が小学生だったので遠出はできず平日の昼間好きなDVDを観たりのんびり過ごしました。(30代 会社員)

部屋をキレイに掃除してみる

きれい好きな方は有休消化を利用して、徹底的に部屋を掃除してみるのもおすすめ。

働いている間はなかなか時間が取れなかったり、疲れがたまっていたりで掃除は後回しになりがちですよね。

気持ちよく次の仕事をはじめられるように、いらないものを処分したり、部屋のレイアウトを変えてみるとリフレッシュできますよ。

部屋の掃除をして、リフレッシュしました!1週間ほどあったので、普段気になり、忙しくて行き届いていない部屋の掃除をしてリフレッシュしました。今まで(転職する前の職場)の嫌なことを一掃した意味も込めて。(40代 医療事務)

仕事が忙しくてなかなか手を付けられなかった部分の掃除や整理整頓をひたすらやりました。換気扇、エアコン、クローゼット、テレビやゲームやネットの配線、洗濯槽、スマホやPCに溜まった写真類まで。部屋がきれいになると心の底からスッキリするので本当におすすめです!何もかもリセットした気分になって、新しい職場でまた1から頑張れる気がします。(40代 会社員)

気分一新になりますので部屋の片づけをしました。必要ないものの処分や家具の配置換えにより見違えるように綺麗になります。(30代 会社員)

部屋の模様替えです。就業中はインテリアを変えたり季節の小物を飾ったりといったことにあまり時間を使えていませんでしたが、新しい環境になる前に気分を変えることができてとてもリフレッシュできました。(20代 専門商社 営業アシスタント)

部屋のレイアウトを変えたり、前の会社に着ていった草臥れたスーツなど不要な物を整理して、新しく生まれ変わった様な気分を演出します。(50代以上 会社員)

朝から晩まで趣味に没頭する

音楽を聴いている男性

趣味と呼べるものがある方は、とことん没頭してみるのもいいですね。

おしゃれなカフェで読書を楽しんだり、平日の朝からお酒が飲めるお店をハシゴしてみたり、働いているときにはできないことばかり。

パチンコやマージャンといったギャンブルが好きな方はお金を使いすぎないように要注意ですが、自己責任の範囲で楽しむなら問題ないでしょう。

人文系の本を読んで教養を深める。仕事に追われているとなかなか心理的にも時間的にも余裕がなく、そういう時にしかできないことだから。生きていくうえでの糧になるような教養をそういう時にこそ身につけるのがいいと思うから。(30代 無職)

本屋巡りをする。目的が無くても目に止まった本を読んだり、自分でも気にとめた事がない本に出会えます。1?2時間歩いたらスイーツ店に寄り、日頃 食べないような少し値段が高いスイーツを買い自宅で滅多に使わないオシャレな食器でコーヒーと一緒にいただき、贅沢な時間を過ごす。(40代 会社員)

パチンコスロット競馬をひたすらやり続ける。ギャンブル漬けの日々を送る。(20代 会社員)

私が有給を消化した時は、行きつけの健康マージャンのお店へ通い詰めました。大学生の時には沢山行っていたのですが、平日のみ営業のお店なので、働き始めてからはあまり行けずにいました。その為、久々に健康マージャンの対局に打ち込み、リフレッシュすることが出来ました。(20代 会社員)

朝からお酒をのむこと。皆さんが働いている時に飲めると、とてもリフレッシュになります。(50代以上 会社員)

有給期間中のリフレッシュ方法は、なんていっても買い物ですね。あまり買いすぎると後で大変ですが、ストレスの解消になりますね。(40代 会社員)

この先長い休みなんてとれるかわからないので、自分の好きなことを思う存分やったり、やったことのない遊びに思い切って挑戦しつつ遊ぶことが大切だと思いますどうせこの先ずっと頑張らなければいけないなら思い出も作ることも大切です。この先辛いことがあってもたくさん遊んだから頑張ろうという気持ちになれるからです。(20代 製造業)

次の職場の出社日まで約一週間あったので、これまでそれほどまとまった休みが取れたことはなかったのでとにかく趣味に没頭しました。釣り・家庭菜園・ドライブ・DIY・読書など毎日違う趣味をしてました。

体を動かしてリフレッシュ

運動が好きな方は、ジムやジョギングに時間をかけてみましょう。

平日の朝の時間帯は人も少ないですし、普段は人が多くてなかなか使えないマシンも使いたい放題。

季節によっては登山を楽しんでみるのもおすすめです。

下山してからの温泉とビールは最高ですよ。

ジムでトレーニングするのがおススメです。いつも座っていて運動不足なのでおやすみのときに体を動かすと頭もスッキします。(20代 会社員)

中々取れないまとまった休みなので、まずは寝だめして体力を回復します。時間と体力に余裕があれば、畑仕事や軽い山登りがお薦めです。体を動かすのと植物にはリフレッシュ効果があるからです。(40代 会社員)

お勧めするリフレッシュ方法はスポーツジムに行く事です。たらだも心もリフレシュすることができるでしょう。(50代以上 技術職)

休みにダラダラ過ごしているとどうしても太ってしまうので家でストレッチをしたり半身浴したり自分磨きをする。健康なども気遣い料理を極める。(20代 エステティシャン)

美容に時間とお金をかける

美容に力を入れている方は、有休消化を利用してスパやエステをたっぷり楽しんでみてはいかがでしょうか。

疲れも取れて、お肌もプルプルになりますよ。

美容院に行って、髪型を大胆に変える。新たなスタートへの気分転換になる。(40代 会社員)

全身マッサージにいくことです。普段のからだの疲れをいやすことが大切かと思います(30代 会社員)

スパやエステに行きます。リラックスできるしボディケアもできて、頑張ろう!という気持ちがわいてきます。(30代 事務)”

平日にしかできないことをやる

スポーツジムで運動している若い女性

今まで土日休みの会社に勤めていたなら、平日にしかできないことをやってみると気分転換になります。

いつも混んでるショッピングモールも、平日ならのんびり買い物ができますし、映画館なんてほぼ貸し切り状態で楽しめたり。

普段は利用しない駅で降りてみて、ぶらぶら散歩してみるのも贅沢な時間の使い方です。

ルミネざよしもとなど、平日にすいているお笑いライブに行って大笑いすることをおすすめします。(30代 事務)

空いている時間帯に、一人でマックやカフェに入って本をゆっくり読みながら過ごします。(40代 会社員)

土日には混みやすいショッピングモールなどに平日に行くと、どの店も空いていて快適に買い物が出来ます。メリハリをつけて、出かけるときもあれば、休む時は家から一歩も出ないというのもいいと思います。(20代 銀行員)

有給では平日に取ることも多いのでいつもは人が混み合うところに行ってストレスを発散した方が良いです。遊園地でも観光名所でも日頃は人が多くて避けがちですが、満喫できると思います。(20代 会社員)

『平日の世の中』を見ておくことはいいと思います。街やショッピングモールなどは非常に空いていますし、平日の昼間の電車は大抵座れることなど、普通に勤めていると案外知らないことがあるのでその世界を見ておくことは有意義になるかもしれません。(30代 自営業)

割とすぐに行けるところだけど用事が無いので全然行かない所へ行きます。例えば、浅草線沿線に住んでいるけど、西馬込駅なんてほとんどの人は用事がありません。そして、西馬込へ付いたら、ウロウロして、その辺のラーメン屋(別にカレー屋でも良い)で食べます。そんな感じの閑暇を過ごします。(30代 エンジニア)

普段会えない人に会いに行く

電車の吊革をもつ手

今、会いたいと思える人は誰かいますか?

社会人になると、学生時代の友人と会える機会が徐々に減っていきますよね。

仕事で遠くへ引っ越したり、育児で家から離れづらかったり。

有休消化でせっかく時間がたっぷりあるなら、普段会えない人に会いに行ってみましょう。

家族や友人、お世話になった恩師など、昔話に花を咲かせてみるのも楽しいですよ。

今までお世話になった人に会いに行く。高校や大学時代の恩師やチームメイトに会いに行きます。(20代 学生)

仕事を始めたら中々昔の友人や同級生などには会えないので、私なら懐かしい人たちと会って食事やお酒を飲みながらリフレッシュします。(40代 会社員 サービス業)

普段会えない友だちや家族に会ったり、好きな時間に起きたり寝たりダラダラした生活を送る(30代 主婦)

遠方に住んでいる友達に会いに行く。遠方だとなかなか会えないので長く休めているときに会いに行っておく。(30代 事務)

在籍中は、シフト制だったこともあり友人と休みが合わなかったので、有給消化期間中は友達とたくさん会ったり映画を見に行ってリフレッシュしています。(30代 印刷業)

有休消化を満喫して次の仕事へ

おしゃれなキッチンでコーヒーを飲む女性

やってみたい! と思えた有休消化の過ごし方は見つかったでしょうか。

社会人として働き続けていく限り、有休消化のような長期休暇はめったに取れません。

新しい仕事がはじまると、しばらく有休休暇は取得できませんし、覚えることが多かったり慣れない職場で疲れもたまりがち。

今のうちにリフレッシュしておかないと、きっと仕事がはじまってから後悔しますよ。

今回のアンケート結果を参考にしつつ、充実した有休消化を過ごしてくださいね。

当サイトで人気の転職エージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェント
評判 5.0
特徴 転職支援実績No.1
エリア 全国

パソナキャリア

パソナキャリア
評判 4.5
特徴 女性の転職に強い
エリア 関東・関西・東海

ビズリーチ

ビズリーチ
評判 4.0
特徴 年収600万円〜でNo.1
エリア 全国
あなたに合う転職サービスを探す
お住いの地域
あなたの年齢
直近の年収
希望の職種
希望の雇用形態