オフィスで仕事中の女性

転職の面接では、しばしば長所や短所を質問されることがあります。

答え方によっては合否を左右する可能性がありますから、面接が苦手な人ほど事前にしっかり対策をしておかなければなりません。

長所や短所を質問されたときにどう回答すべきか、回答例も交えながら対策方法について詳しく解説します。

転職の面接で長所と短所を聞かれたら

転職の面接で長所と短所を聞く理由は、いくつかあります。

回答にあたっては面接官の意図に答えられるよう、ポイントを押さえて回答する必要があります。

長所と短所を質問する理由

面接を受けている若い社会人女性

面接の際に長所と短所を質問する主な理由は、以下の4点にあります。

  • 応募者の性格や人柄を知りたい
  • きちんと自己分析できているかチェックしたい
  • 問題を直視し、意欲をもって解決できる人かどうかを知りたい
  • 社風に合うかどうか、また入社後に活躍できる人材かどうかを見極めたい

いずれも、仕事をする上では重要な項目です。

あなたがどういう人か、あからさまになってしまう質問でもありますから、自己分析の段階からきちんと準備をしておく必要があります。

仕事に関した内容を答える

転職の面接は仕事のためのものですから、長所や短所の質問に対しても仕事と関連があるものを答えるようにしましょう。

もっとも、仕事で必要なスキルは思いのほか幅広いものです。

ですからプライベートや家庭のことであっても、仕事に関連するスキルであれば回答してかまいません。

回答する際に注意したいポイント

和やかな雰囲気の面接

仕事に関連することを答える以外にも、注意したいポイントはいくつかあります。

以下のような回答はふさわしくないですから、注意が必要です。

  • 公序良俗に反する内容(長所、短所を含む)
  • 社会人として問題のある行動(前職で遅刻魔と呼ばれていたなど)
  • 応募職種にふさわしくない短所(高所作業の仕事において、高所恐怖症と答えるなど)
  • 長所や短所がひとつも無いと答えてしまうこと

短所を答えるのが恥ずかしいあまりに、声が小さくなってしまうことも良くありません。

短所は誰にでもあるものですから、恥ずかしいことではありません。

落ち着いて、ハッキリと答えるようにしましょう。

面接で短所をどのように回答すべきか

ここまで、短所を答えることの重要性を説明してきました。

ここからは短所をどうやって述べれば良いかというイメージを持ちやすくするため、いくつかの回答例を示します。

例をもとに、あなた自身を表現できる回答を考えてみて下さい。

リスクを避ける無難な回答例

面接中の若い女性

無難な回答例としては、以下のような内容を含んだものとなるでしょう。

  • 短所を改善すべきものとして認識している
  • 短所を克服しようと取り組んでいる

具体的には、以下のような回答例となるでしょう。

短所の回答例1

私の短所は、なかなか人に相談しないところです。

それは、人に相談する前にまず自分で調べてみたいと思っていることが理由です。

しかしそれでは仕事の進捗に影響が出かねないので、最近は30分考えてわからなかったら相談することを心がけて実行しています。

短所の回答例2

私の短所は、不器用なところです。

初めての作業では、人の2倍くらいかかってしまいます。

そのため練習をして早く作業できるようにすること、またミスをしないことを心掛けて、日々の仕事にあたっています。

短所をアピールにつなげる回答例

広いオフィスで働くスーツ姿の若い男性

短所をアピールにつなげる方法もあります。

短所をポジティブな印象で伝える方法はいろいろな形式がありますが、以下のような内容となることが多いでしょう。

  • 短所の持つ優れた点を述べる
  • 短所が役に立った事例を話す

具体的には、以下のような回答例となるでしょう。

短所の回答例3

私の短所は、慎重すぎることです。

それは、時間をかけてできる限りの情報を収集し、間違いのない決定をしたいと思っているためです。

実際に、一旦打診を頂いたプロジェクトが急きょ中止になったことがあり、慌てて判断をしなかったため何も実害が出なかったという例もあります。

短所の回答例4

私の短所は、せっかちであることです。

仕事上でも、「どうしていつもいつもすぐ回答することにこだわるのか」と言われたこともあります。

その理由は、早く回答することがお客様からの信頼を得る大切なことと考えているためです。

実際に客先の担当者の方から、「御社はいつもレスポンスが速くて助かる」という、おほめの言葉を頂いたことがあります。

面接で慌てないように自己分析を

自宅で勉強している若い女性

長所や短所の質問については、きちんと自己分析ができているかを問う設問のひとつです。

そのため面接の場で聞かれて慌てることのないよう、事前に準備しておく必要があります。

自己分析にはご自身で行う方法と、第三者から指摘してもらう方法があります。

それぞれの方法について説明します。

自己分析で自分自身の長所と短所を洗い出す

長所と短所の質問に備えるだけであれば、面接前日や前々日に一生懸命考えれば、ある程度の項目は出てくるでしょう。

しかし長所や短所の洗い出しは、転職活動の早期に自己分析しておくことをおすすめします。

早期に長所や短所をリストアップすることにより、自分自身の意外な一面に気づくこともあります。

また長所と短所を確認することによって、企業選びをしたり、志望動機や自己PRを書く際の土台となり、良い結果につなげることができます。

転職エージェントでカウンセリングを受ける

面談中のキャリアアドバイザー

人間には誰でも、他人はよくわかっているけれども自分ではなかなかわからない点があるものです。

とはいえ社会人ともなると、他人から欠点についての指摘を受けることも少なくなるでしょう。

そのため転職エージェントに登録し、キャリアカウンセリングを受けることもおすすめです。

履歴書や職務経歴書の添削や面接の練習を通して、あなたが知らない長所や短所を指摘してくれるかもしれません。

また、より効果的な長所や短所の説明方法も指導してもらえることも期待できます。

面接に苦手意識がある方は事前の対策も必須

自己分析はできたとしても、緊張してしまうとガチガチになってうまく話せない、簡潔に話すのが苦手…という方は事前に面接対策をしておきましょう。

たとえば転職エージェント最大手のリクルートエージェントの場合、面接官の立場をシミュレーション体験できる面接力向上セミナーを定期的に開催しています。

受講者の99%が「大変満足」または「満足」と回答している人気セミナーです。

面接に苦手意識がある方は、本命の会社の選考を受けに行く前に受講を検討してみてはいかがでしょうか。

面接は一発勝負、失敗したら次はありませんよ。

転職の面接は事前対策が成功の秘訣

ビジネス街で喜ぶ男性

転職の面接では、さまざまな質問がされます。

質問には、今回取り上げた長所と短所のように、いきなり聞かれても適切な答えができないものも多いです。

そのため自己分析など、事前対策を入念に行うことが成功の秘訣といえるでしょう。

特に長所や短所は、転職活動本番での企業選びや自己PR、志望動機といった内容に影響します。

そのため、本格的な転職活動を行う前にしっかり分析を行っておくことが得策です。

また長所や短所を十分にリストアップするためには、自己分析だけでなく、転職エージェントのキャリアカウンセリングなどもうまく活用しましょう。

あなたが気づいていない一面を発見することにつながり、今後の転職活動に役立つことが期待できますよ。

あなたの転職活動がうまくいくことを願っています。

転職エージェント人気ランキング

リクルートエージェント

リクルートエージェント
評判 5.0
特徴 転職支援実績No.1
エリア 全国

ビズリーチ

ビズリーチ
評判 4.0
特徴 年収600万円〜でNo.1
エリア 全国

WORKPORT

ワークポート
評判 3.5
特徴 転職決定人数No.1
エリア 関東・関西メイン
あなたに合う転職サービスを探す
お住いの地域
あなたの年齢
直近の年収
希望の職種
希望の雇用形態