公園で仲良く遊んでいる家族

家族と過ごす時間や、趣味の時間など、プライベートを充実させたいという理由から転職を考える人は少なくありません。

ワークライフバランスという言葉もあるように、仕事とプライベートはどちらも大切なものです。

とはいえ転職活動を進めていく際には、少し注意が必要です。

プライベートを優先したい!とストレートに伝えてしまうと、面接でマイナス評価にされる可能性が高いです。

今回はプライベートを充実させたい方に向けて、私生活優先で仕事を探すコツをご紹介します。

転職理由は伝え方を必ず工夫すること

2名の面接官と若い社会人女性

会社の将来性が不安だった、給与に不満があったなど、転職のきっかけは人それぞれです。

中途採用の面接に参加すると、転職理由はほぼ間違いなく質問されます。

上司が嫌いだった、もっと給料を上げたかった、プライベートをもっと充実させたかったなど、本音を伝えることも大切ですが、伝え方は工夫しましょう。

嘘偽りのない本音を伝えたとしても、面接官にマイナスのイメージを持たれてしまうこともあります。

あなたが中途採用の面接を担当していて、「プライベートを優先したいから入社したいです!」と言われたとき、どのように感じるでしょうか。

この人を採用しても、常にプライベート優先で頑張って働いてくれないのでは…?と思われる可能性が高いです。

転職活動の面接で嘘を話すことは禁物ですが、伝え方を工夫することは必須と考えましょう。

プライベートや私生活を優先するためのコツ

ストレートに伝えるのがダメなのであれば、どのように転職活動を乗り越えていけばよいのでしょうか。

私生活優先で転職先を探すのであれば、以下2つのポイントをチェックしてみましょう。

  • 前向きな印象を与える伝え方を工夫する
  • プライベートを優先できる企業を探す

これらのポイントを意識して転職活動を進めていけば、自分の時間をしっかりと確保できる企業へ転職できる可能性は高まります。

長時間労働に悩まされることもなくなるでしょう。

それぞれについて詳しく解説していきます。

前向きな印象を与える伝え方を工夫する

考え事をしているオフィスレディ

先ほどもご説明した通り、プライベートを充実させたいという想いをそのままストレートに伝えてはいけません。

仕事へのやる気を感じてもられず、不採用と判断される可能性が高くなってしまいます。

たとえば、以下のような表現に変えてみるのはいかがでしょうか。

  • 生産性の高い働き方がしたい
  • より効率的な働き方をしたい など

自分の時間を確保したい、という本音を程よく隠しつつ、仕事に対するポジティブな印象を与えることができます。

会社側としても、必要以上に残業代を支払うことは避けたいものです。

求められた仕事をきっちり定時内に終わらせようとしてくれる人材のほうが貴重なのです。

表現を少し変えるだけでも、面接官に与えられる印象は大きく変わります。

面接に参加する前日に、じっくり考えてみることをおすすめします。

プライベートを優先できる企業を探す

朝食を楽しんでいる若い夫婦

どれだけ理想的な伝え方を見つけられたとしても、選考中の企業がプライベートを重視しない社風だった場合、すべてが水の泡になってしまいます。

残念なことに、未だにブラック企業と呼ばれるような会社はたくさん存在しています。

転職先を間違えてしまうと、今まで以上にプライベートの時間を確保できなくなるかもしれません。

リクナビネクストやdodaといった転職サイトを使う人も多いですが、求める条件が明確であるほど、転職エージェントの活用をおすすめします。

転職サイト経由で面接に進んだ場合、入社してみないとわからないことが多くなりがちです。

その点、転職エージェント経由で選考に進めば、自分では知ることのできない会社の内情や雰囲気までも事前に教えてもらうことができます。

本当にプライベートを優先できる雰囲気なのか、残業時間や休日出勤の有無など、面接では質問しづらいことも転職エージェントを通じて確認できるのも魅力です。

私生活も大切にできる会社を見つけられるように、転職サイトだけではなく転職エージェントもうまく活用しましょう。

面接に苦手意識がある人は事前に対策を

転職サイトや転職エージェント経由で魅力的な求人を見つけられたとしても、書類選考や面接を突破できないことには意味がありません。

特に面接に苦手意識を持っている人はとても多いですね。

学生時代はともかく、社会人になってから面接を受ける機会なんて滅多にありませんから、緊張してしまうのも無理はありません。

緊張するとガチガチになってうまく話せない、考えを整理して簡潔に話すのが苦手…という方は事前に面接対策をしておきましょう。

退職理由で嘘を伝えるのは禁物

指でバツ印を作っている若い女性

退職理由を伝えるときには工夫が必要とご説明しましたが、嘘を伝えるのは禁物です。

余程訓練された人でない限り、嘘をつき続けても、どこかでほころびが出るものです。

一次面接、二次面接、最終面接と進んでいく中で、話が食い違ってしまうことも出てきます。

前歴調査と称して、前職の職場に電話で確認される場合もあります。

今は個人情報保護の関係もあり、前職に問い合わせるような企業は少なくなりましたが、ゼロとはいえません。

面接での回答内容と食い違いがあった場合は、不採用の原因となります。

入社後に嘘が発覚してしまうと、最悪の場合、懲戒解雇処分を下されます。

自分を良く見せたい気持ちは理解できますが、面接で嘘を話すのは止めましょう。

面接力向上セミナーを活用する

メガネをかけているスーツ姿の男性

転職エージェント最大手のリクルートエージェントでは、面接官の立場をシミュレーション体験できる面接力向上セミナーを定期的に開催しています。

受講者の99%が「大変満足」または「満足」と回答している人気セミナーです。

担当のキャリアアドバイザーに模擬面接をお願いすることも有効な対策ですが、面接官はどんなところが気になるのかを知っておくことも大切です。

面接に苦手意識がある方は、本命の会社の選考を受けに行く前に受講を検討してみてはいかがでしょうか。

面接は一発勝負、失敗したら次はありませんよ。

面接を突破してプライベートを優先できる企業へ

キレイに整頓されたオフィス

プライベートを充実させたいという理由で転職を考えることは、決してダメなことではありません。

仕事はどうにかなったとしても、家族は唯一無二の存在です。

とはいえ私生活を優先させたいという気持ちを、そのまま面接官に伝えることは避けましょう。

まずはワークライフバランスの考え方を大切にしている企業の求人を見つけて、書類選考に進むこと。

書類選考から面接に進めたなら、退職理由を質問されたときに好印象を与えられるように、どのように伝えるべきか事前に考えておくことが大切です。

理想の働き方を実現できるように、しっかりと対策した上で本命企業の面接に臨みましょう。

あなたの転職活動がうまくいくことを願っています。

転職エージェント人気ランキング

リクルートエージェント

リクルートエージェント
評判 5.0
特徴 転職支援実績No.1
エリア 全国

ビズリーチ

ビズリーチ
評判 4.0
特徴 年収600万円〜でNo.1
エリア 全国

WORKPORT

ワークポート
評判 3.5
特徴 転職決定人数No.1
エリア 関東・関西メイン
あなたに合う転職サービスを探す
お住いの地域
あなたの年齢
直近の年収
希望の職種
希望の雇用形態