必死に口を抑えている女性

今年の花粉、対策は完璧ですか?

例年、冬の終わりが見えはじめた頃に訪れる悪魔の季節。

ずっと家のなかに引き込もれるならまだしも、私たち社会人は通勤という現実から逃れることができません。

有給休暇を使ったところで、休めるのは数日程度。

花粉のピークが過ぎ去るまで休ませてくれるような会社はどこにもないでしょう。

このページでは、通勤時におすすめの花粉症対策について社会人100人にアンケート調査した結果を掲載しています。

花粉症対策についてお悩みの方は、ぜひ参考にしてみてください。

マスクのつけ方は工夫が必要

風邪を引いてしまった女性

まずは花粉対策の王道中の王道、マスクについて。

一言でマスクといっても、さまざまな商品が販売されていますし、アレンジ方法もさまざま。

マスクの付け方や選び方、効果を高めるテクニックなど、幅広い意見が寄せられたので順に見ていきましょう。

マスクは必須。何種類か買ってみて、自分の顔の形に合うものを見つけておいた方がいい。形が合う合わないで効果がかなり違うので。(30代 無職)

外に出る時はマスクをすること。風邪予防にもなりますし、メイクしなくてもばれませんし、するとしないでは全く違うのでしてください。(30代 アルバイト)

出来る限りマスクをして通勤をして職場で使用出来ないので職場でマスクを外して退社時間と共にマスクを着用しています。(20代 営業職です。)

まずは、マスク着用は必須だと思います。使い捨てのものを使用し、できれば使い回しはしない方が良いと思います。(50代以上 教員)

病院や市販薬で対処も大切だが花粉は口呼吸で症状が緩和されるのでマスク着用で口呼吸がお勧め。(40代 会社員)

どこから花粉が飛んでくるか分からないので、マスク必須で通勤をオススメします。(20代 ブライダルサービス)

顔にフィットするものを選ぶ

いつも購入している、お気に入りのマスクはありますか?

とくに決まっていないなら、今年はちょっといいマスクを買ってみてはいかがでしょうか。

「500円で100個入り!」

などの格安マスクは顔にフィットしづらいものが多く、隙間から花粉の侵入を許してしまいます。

ドラッグストアにいくと、花粉専用のマスクなども販売されているので、通勤時に苦しまないために多少の出費は覚悟しましょう。

3Dマスクがオススメです!鼻にピタッとフィットして花粉の侵入を防げます。(20代 サービス業)

花粉症対策のためのマスクも売られていますしそれを使用すれば効果が実感できると思います。(30代 フリーランス)

人ごみ・バス・電車は必ずマスクをしてください。マスクは価格が高いもののほうが不織布の目が細かいのでウィルスが入りにくいです。使い回さず必ず使い捨てて下さい。(50代以上 主婦)

安いマスクもたくさん出回っていますが、日本製の素材の柔らかいマスクがオススメです。普段肌のトラブルがない人でも、花粉症の時期はピリピリしたり痒くなったり敏感になっていることが多いので、高くついてしまっても良品のマスクを使用したほうが良いです。(30代 事務職)

二重にして花粉をブロック

マスクは種類が違うものを2つ使用します。鼻の部分に針金が入ったものと、鼻の部分に針金が入っていないものを重ねます。一枚の時より防ぎ具合が、かなり違います。おすすめです!(30代 事務)

二枚のマスクがおすすめです。一枚目は洗えるシルクのマスクをして上から安い紙のマスクで少々の花粉なら防げます(20代 会社員)

予備のマスクも必ず常備

外出時はマスクをして出かけるのが対策として大事だけれど、花粉症シーズンが始まったばかりだと、マスクをして出かけることを忘れるので、カバンや車などに予備のマスクを準備しておく。(30代 事務)

花粉症はもうどうしようもないので、必ずマスクは必需品です。とりあえずバッグには予備も入れておきましょう。(40代 会社員)

花粉用の眼鏡も併用する

普段、コンタクトレンズは使用していますか?

花粉のついた手でコンタクトレンズを触ってしまうと地獄を見るので、なるべく眼鏡を使うのがおすすめです。

最近は花粉症用のゴーグルタイプの眼鏡も販売されているので、見た目を気にしない方は検討してみてください。

鼻と口を守る為にマスクを必ず着用すること、それと目を守る為に花粉症対策用ねメガネを着用する事が1番の対策と考えます。(40代 会社員)

花粉症メガネもアイテムの中にいれておくことをお勧めします。(眼鏡屋さんで作るとぴっちりして最近はオシャレな物もある様です。私は、この季節になると格好は気にしていられず、5年前に買ったダサい花粉対策眼鏡を未だに使っています。)(40代 医療事務)

花粉症カットメガネをかけて花粉症用のマスクをすれば少しは違います。(50代以上 製造業)

家を出る時からしっかりとマスクをつけ、コンタクトの方はなるべくメガネにして、こまめに目薬をさせるようにします。(20代 専業主婦)

マスクとメガネは必需品です。特にメガネはゴーグルのように密閉できるものを選ぶとより花粉を防げます。(30代 会社員)

人の出入りで電車内でも結構花粉は飛んでいるので、マスクとメガネは必須です!マスクも簡易なものではなく、鼻部分に針金が入っていて顔の形にぴったりフィットするようなものがよいです。(40代 事務員)

マスクと花粉対策用のメガネをつけて出かけるようにしています。またすぐに目が痒くなるので、目薬も必須です。(30代 塾講師)

花粉症の人専用のメガネをかけて専用のマスクを使うと良いです。(30代 在宅ワーク)

ゴーグル眼鏡をかけ、鼻にティッシュをつめてマスクをし、そのマスクを飲める除菌水というのがあってそれで湿らせる。(20代 パート)

ちょっと高いマスク、目元をカバーできる花粉対策用の眼鏡、花粉症の抑制に効果があるヨーグルトや舐める乳酸菌などがおすすめです。(20代 製造業)

マスクは、絶対にしてください。あとは、サングラスや、メガネをするだけでも全然ちがいます!(30代 専業主婦)

ティッシュを忍ばせておく

「マスクをして通勤しているのに花粉がつらい・・・」

という方は、より効果を高めるためにマスクの内側にティッシュを忍ばせてみましょう。

鼻水が止まらないときは、思い切ってティッシュを鼻の穴に詰めてしまうのもおすすめ。

どうせマスクで顔を隠しているんですから、バレることはありません。

職場についたら、誰にも見られないトイレの個室などで鼻に詰めたティッシュを処分しましょう。

くれぐれもティッシュの存在を忘れたまま、職場でマスクを取らないように。

マスクと顔の間にティッシュペーパーを折り畳んで入れると効果が高まるのでおすすめです。(40代 自営業)

トロトロとこぼれ落ちる鼻水にティッシュが追いつかないので、丸めたティッシュを両鼻に詰めてマスクで隠しています。見えなきゃ大丈夫です。(40代 工場作業)

鼻水が止まらないときは鼻にティシュを詰め込みマスクで隠します。マスクで隠すので見つかることもないですし鼻水が垂れることもないのでお勧めです。(30代 会社員)

たとえ室内でマスクをしていても鼻水が止まらないので、鼻にティッシュを詰めて、上からマスクを着けることがおすすめです。ポケットティッシュは最低2つは持っておいたほうが良いです。(30代 編集者)

濡らしたティッシュを口と鼻に当て、マスクを着用する。マスクの鼻の部分のワイヤーは、しっかりと密着させる。濡れティッシュのおかげで花粉が吸着してくれるのか和らぐ。(20代 幼稚園教諭)

とりあえず鼻にティッシュをつめてマスクをする。ミント系の飴をなめる。でも一番効くのは薬を飲むこと!(30代 事務)

ガーゼの活用も効果的

ガーゼマスクをおすすめします。花粉症の人は華周りが敏感になっていて肌が赤くなってしまうので、市販の物よりガーゼの方が肌負担が少ないです。ガーゼは100円ショップにも売っているので、手作りでマスクが作れます。(30代 在宅仕事)

密閉性の高いマスクを着用する。そのマスクの中に軽くぬらしたガーゼをはさんでおくと尚良し。(30代 事務)

花粉用スプレーをかけておく

花粉対策用のスプレーを使ったことはありますか?

顔に直接かけるタイプのものや、マスクにかけるタイプのものもありますね。

「スプレーを使えばマスクはいらない」

という人もいますが、できればスプレーを使った上でマスクでさらにガードするのがよいでしょう。

花粉を甘くみてはいけません。

マスクは必需品です。あと、市販の花粉を防ぐスプレーを出かける前に顔にすると有効です。(20代 会社員)

花粉症対策のマスクや眼鏡は気休め程度にしかなりません。花粉をブロックするスプレータイプのものが手軽でおすすめです。(50代以上 在宅ワーカー)

出かける前にイオンでブロックするタイプのスプレーをするとマスクだけで持ちこたえられます。(40代 事務員)

アレルシャットなどの花粉対策スプレーをしてから、マスクをして通勤する。(30代 事務)

薬局で売っている花粉を抑えるスプレーと花粉対応マスクをすること。(30代 パート)

メントールやオイルを使う

ダラダラと流れてくる鼻水が苦しいときは、スースーするアロマオイルをマスクにつけるのが効果的。

つけすぎには要注意ですが、少量ずつ試して適量を探してみてください。

「アロマオイルなんて持ってない!」

という方は、ドラッグストアでメンソレータムを探してみましょう。

鼻に少量塗っておくと、鼻づまりが解消して呼吸がしやすくなりますよ。

使い捨てマスクにティーツリーのエッセンシャルオイルを垂らしてフィルターを通じて空気を吸うようにするとくしゃみが緩和され楽になるのでオススメです。(30代 会社員)

マスクにユーカリ、ティートリーなど花粉症に効果のあるアロマ精油をつけると、マスクがメントールの香りになるのでムズムズ感がマシになるのでお勧めです。(30代 ライター)

マスクの中に、メンソール系のアロマオイルをしみこませたガーゼを入れておきます。鼻の通りがよくなりますし、花粉でボーっとしてしまう頭もスッキリします。(40代 会社員)

メンソレータムを鼻の中に塗ると息がしやすくなるし、鼻水が止まる(40代 事務)

マスクにハッカ油のスプレーを吹きかけて着用しているとスースーして鼻がすっきりします。(40代 自営)

マスクの端の方に、はっか油を垂らすのはおすすめです。大きな薬局で600円ぐらいで売っています。顔につくと人によってはヒリヒリしてしまいますので、本当に端っこに1滴垂らすとすっきりします。(50代以上 自営業)

ワセリンで花粉の侵入を防ぐ

鼻の下や入口に馬油やオイル系を塗っておくと、自分の鼻にまで入ってこないのでオススメ。(30代 会社員)

目と鼻の下にワセリンを塗るのがオススメです!マスクをしなくてもある程度は花粉の侵入を防ぐことができます。他にも、家や屋内に入る時には服や頭を払って、花粉を落としておく事が大切だと思います。(20代 会社受付事務)

なるべく早く病院で薬をもらう

病院で頭を抱えるスーツ姿の男性

通勤時の花粉対策でマスクを使うのは基本中の基本。

ただ、マスクはあくまで応急処置なので、早めに医師の診断を受けるべきという声も多数寄せられました。

花粉症は一種のアレルギーなので、適切な薬を処方してもらうのが一番手っ取り早いですよ。

時間があるときに、会社や自宅の近くで耳鼻科を探してみましょう。

ひどくなる前に早めに病院に行って薬をもらった方がいいです。あとは、会社に着いた時や家に帰った時に入口の前で上着の花粉を払うと室内に花粉を持ち込まずに済みます。(20代 専業主婦)

マスクやメガネなどの対策商品もありますが、それだけは改善されない事が多いです。病院で薬を処方してもらった方が確実に楽になれます。(30代 会社員)

ちょっとでもあやしいなと思ったら、耳鼻科で診察を受けて薬をもらってください。マスクをつけると恥ずかしさがあるかもしれませんが、していると全然違います。(40代 パート)

注射をお勧めします。花粉時期前に一度注射すれば花粉時期を乗り切ることができます(50代以上 会社員)

耳鼻科にすぐ行くのが一番。風邪か花粉症なのか区別もつくし、薬が風邪と花粉症では違うので。市販の薬は効きにくいしすぐなくなり割高なので、最初から耳鼻科に行った方が良い。(30代 飲食店アルバイト)

初期症状が出たときに病院に行けば十分花粉対策ができると思います。自分ではなかなか治せないと思うので本当に病院をオススメします。(20代 飲食店員)

何が原因かを把握できる

あなたは自分の花粉症の原因が何なのか、きちんと把握していますか?

病院で検査を受ければ、どの花粉が原因なのか調べてもらえます。

スギ花粉がダメな人もいれば、ヒノキやイネがダメという人も。

花粉症を引き起こす原因が特定できれば、近づかないほうが良い場所もはっきりしますよ。

仕事で時間を取りづらい人もいると思いますが、症状がひどくなる前に検査だけはしておきましょう。

医者の処方箋を受ける。その際に具体的な症状を伝える。それで、何が原因の花粉症なのかを理解する。(30代 会社員)

病院に行く時間があるならば、まずは病院にてアレルギー検査をしてもらうことをお勧めします。何のアレルギーなのかもわかるので、今後の対策にもなりますよ。私の場合は近所の内科で診てもらえました。(40代 イラストレーター)

血液検査で、何に対するアレルギーがあるのかがわかります。スギ花粉であれば花粉症ということになります。(50代以上 フリーランス)

最初は花粉症なのか風邪なのか見分けがつかないので、とりあえず病院で診察をしてもらい薬を出してもらう。自分が花粉症と気づいたら季節になるまでに投薬治療で緩和できるのでなるべく早く行った方が良い。(40代 会社員)

市販の薬が合わない人もいる

「わざわざ病院に行かなくても、ドラッグストアに花粉症の薬が売ってるでしょ」

と考える方も多いですが、体質によっては合わないことも。

眠くなりすぎる」という声も多いので、過度な期待は禁物ですよ。

病院に行く事をお勧めします。市販の薬はたくさんありますが、眠くなってしまう、運転前は飲んではいけないなどの強い薬が沢山ありますので、病院で薬を処方してもらう事をお勧めいたします。(30代 専業主婦)

その場しのぎでしたら、市販の花粉症のお薬で数時間は効いてくれます。出勤前に飲めば、通勤中は安心です。しかし、私の経験上、フルタイム勤務では薬の効果は持ちません。病院の薬を貰うことをお勧めします。(30代 飲食業)

市販の薬では個人的にですが効果があまりなかったですので、病院いって薬をもらった方が効果的だった(30代 会社員)

市販の薬は眠くなる作用が多い事があります。なので必ず耳鼻科にいく。(30代 主婦)

飲み方を工夫することも大事

マスクや目薬は当たり前ですが、絶対に市販のアレグラは服用したほうがいいです。かなり症状が緩和され助かりました。(40代 会社員 サービス業)

外を歩く時間に合わせて薬をタイミングよく飲むことです。家を出る直前ではなく1時間くらい前に飲んでおくとか、ちょっとしたことでも薬の効き方が全然違うので楽に過ごすことができます。(30代 自営業)

とにかく、朝起きて少しでも鼻がムズムズしたり、おかしいと感じたら薬を飲んでおき、マスクをして出かけるようにする。(20代 ブライダルプランナー)

市販の薬が効く方もいますので、医者へ行けないようであれば試してみる価値はあります。ただし、眠さやだるいと感じるようであれば控えて下さい。(30代 会社員)

薬には、速効性のものと、持続性のものがあります。あまり飲み過ぎると胃が痛くなる事があるので、私は1日一錠で持続するものをオススメします。しかし、他人に進められた薬でも、自分には効かない事があるので、いろいろ試した方が良いです。(40代 パート販売員)

花粉症の薬を使わなくとも、ドラッグストアで買える生理食塩水で鼻の奥や目を洗うだけでも結構スッキリしますよ。

最近は鼻洗浄専用の商品も売ってますね。

近所のドラッグストアに売ってなければ、Amazonでも簡単に買えるので興味がある方は要チェックです。

上着の選び方や脱ぎ方も大事

オフィスで仕事中の女性

通勤時の満員電車はツラいですよね。

花粉の季節はとくに、コートにも花粉がたくさん付着してしまいます。

職場についたり、家に到着したときは、花粉を払い落としてから入室するのが基本。

また、コートを選ぶときも花粉が付着しづらいものを探しましょう。

外から帰ったらコートを裏返してコートについた花粉を部屋の中に拡散させないようにする。(20代 事務)

花粉症は風邪と症状が似ているので、厚着をして、身体を温かくして通勤しています。(50代以上 会社員)

つるつるした素材を選ぶ

つるつるの素材の上着をきましょう。会社について上着を脱ぐ前にさっと上着をはらってから脱ぐと、くしゃみの連発をおさえられますよ。(40代 事務)

飛散の多い時間帯(午後1時~3時頃)の外出も控えましょう。帽子、めがね、マスク、マフラーを身につけて、コートもツルツルした素材を選びましょう。家では、きちんとドアや窓をしめて、花粉の侵入を防ぎ、掃除をこまめに。(40代 会社員)

マスクを鼻まで隠れるように正しく装着して、コートなどはダウンなど生地がツルツルしているものが、花粉が着きにくく払い落としやすいのでオススメです。(30代 自営業)

通勤時や外出時はツルっとした感じのコートがいいです。室内に入る前にはたいておくと、花粉が落ちやすいです。(30代 フリー)

髪の毛が長い方も通勤途中で花粉が付着している可能性があるため、会社や家に入る前に払っておきたいですね。

敏感な方だと髪に付着していた花粉が原因で肌もかゆくなってきてしまいます。

髪型にこだわりがある方は仕方ありませんが、なるべく髪をまとめて花粉が付かないようにしましょう。

通勤途中の花粉対策は万全に

電車に揺られる疲れきった男性

花粉の季節はなるべく家から出たくないものですが、簡単に仕事も休めません。

通勤中に花粉を吸ってしまうと、目のかゆみや大量の鼻水で仕事に集中なんてできません。

人と接することの多い仕事だと、鼻の詰まった声では恥ずかしいですよね。

顔にフィットするマスクを選んで、目がかゆくなる人は花粉対策用メガネの購入も検討してみてください。

鼻づまりがひどい人は、マスクにスースーするハッカ油を少量付けてみたり、ワセリンを塗って花粉の侵入を防いだり。

そもそもどの花粉が原因か把握できていない方は、早めに病院で検査を受けることをおすすめします。

花粉の季節も仕事に集中できるように、今回のアンケートを参考に通勤時の花粉対策を考えてみてください。

転職エージェント人気ランキング

リクルートエージェント

リクルートエージェント
評判 5.0
特徴 転職支援実績No.1
エリア 全国

ビズリーチ

ビズリーチ
評判 4.0
特徴 年収600万円〜でNo.1
エリア 全国

WORKPORT

ワークポート
評判 3.5
特徴 転職決定人数No.1
エリア 関東・関西メイン
あなたに合う転職サービスを探す
お住いの地域
あなたの年齢
直近の年収
希望の職種
希望の雇用形態