生ビールで乾杯

会社員になると誰しもが直面する上司との飲み会。

上司に気を使うことが多く、苦手に感じる方も多いですね。

とはいえ上司からのお誘いを断ったり、早く帰ろうとするのは勇気がいりますよね。

そこで今回は、上司との飲み会が苦痛で仕方ない方に向けて効果的な対処法をお伝えします。

上司との飲み会がツラい方は、ぜひ参考にしてみてください。

上司との飲み会で早く帰る3つのコツ

上司との飲み会は気を遣うことも多く、何かと疲れがちです。

聞きたくない上司の自慢話や、無理にお酒を飲まなければならなかったり、ストレスを感じることもあるでしょう。

ですが、1人だけ席を立って先に帰宅するのは、なかなか勇気がいる行動です。

そのようなあなたのために、上司との飲み会で早く帰る3つのコツをお伝えします。

どうしても帰りたい場合は、ぜひ実践してみてください。

あらかじめ帰宅時間を伝えておく

時計を気にしているスーツ姿の男性

あらかじめ帰宅時間を伝えておくのは、早く帰る上でとても効果的です。

飲み会が始まる前に、何時までに帰らなければいけないか上司に伝えておきましょう。

そうすれば、飲み会の途中でも時間になれば帰ることができます。

上司も最初から帰ることを知っている場合、無理に止めることもできないはずです。

帰宅時間を伝えておくと、上司と円満な関係を保ちつつ飲み会から帰ることができます。

ビジネスにおいて「連絡」と「相談」は大切と言われますが、飲み会も例外ではありません。

事前に返らなければならない旨を連絡し、それでも参加していいか相談すれば上司も嫌な気分にはならないでしょう。

飲み会中に急に帰宅するよりは上司からの評価も下がらないためおすすめです。

腹痛や頭痛など体調不良を訴える

体調不良も早く帰宅する理由として使えます。

さすがの上司も、体調が悪いのに居酒屋に留まらせるのは気が引けるはずです。

体調不良はいつ起こるかわかりません。

誰にでも起こる可能性はあるため、最も無難な方法といえるでしょう。

ただし、体調不良の場合はそれまでの飲み会があまり楽しめないのがデメリットです。

よく食べたり、お酒を飲んでいると元気ではないかと疑われかねません。

自己管理ができていないと上司からの評価も下がってしまうかもしれません。

とても簡単な方法ですが、適当な頻度で使うことをおすすめします。

正直にもう帰りたいと伝える

パソコンの前で疲れ切っている女性

正直に帰りたいと伝えてしまうのも1つの方法です。

職場の雰囲気にもよりますが、快く帰してくれることもあるかもしれません。

言い訳をして疑われてしまうより、はっきり伝えたほうがお互い清々しいはずです。

部下が飲み会に嫌な気持ちを抱いていると、上司が気づいていないケースも少なくありません。

一度きっぱりと「帰ります」と伝えれば、それ以降の飲み会の誘いが減る可能性もあります。

しっかりと意思を伝えれば分かってくれることも考えられます。

ただし、伝える際は笑顔を忘れないように気をつけてくださいね。

上司との飲み会を断るおすすめの理由

そもそも飲み会自体を断りたいときもあるでしょう。

帰って早く寝たい、自分の時間を確保したいなど、理由はさまざまだと思います。

ですが、そのまま伝えるのは難しいですよね。

どうしても今日は飲み会を断って帰りたい!というときは、これから紹介するコツを試してみてください。

スムーズに断れるかもしれませんよ。

昼間から体調不良をアピールしておく

腹痛に悩まされている男性

体調不良は飲み会を断る理由としても有効です。

早く帰りたいとき同様、上司もしつこく誘うことはできません。

「お大事に」といった言葉しか返せないでしょう。

ポイントは昼間くらいから体調が悪そうなことを上司にアピールしておくことです。

ただし、体調不良を理由に何度も断るのは危険です。

仮病だとバレてしまう可能性が高いです。

嘘をついていることがバレてしまうと、上司からの印象も悪くなります。

本当に体調不良になったときに断りづらくなってしまうのは避けたいですよね。

体調不良を言い訳に飲み会を断ることは、適度な頻度で使うようにしてください。

先約があることを伝える

バスに乗って移動中の女性

もともと別の予定が入っている、と伝えることもいいでしょう。

会社の予定だけが全てではありません。

誰にでもプライベートの予定はあるものです。

友達や恋人など理由はたくさん考えられます。

頻繁に使っても体調不良などに比べれば怪しまれにくいです。

ただし、先約の内容は社会性のあるしっかりとしたものが無難といえます。

家庭の事情や、仕事の付き合いなど引き留めにくい理由をチョイスするといいですよ。

うまく上司との飲み会を断って対処しよう

上司にお酒をついでいる男性

上司との飲み会はなかなか断りづらいです。

職場によっては無理に誘われることもあるでしょう。

ですが、嫌な飲み会に無理やり行く必要もありません。

本当に苦痛で辛いと思うなら、今回の記事を参考に断ってみてください。

ただし、断る際は慎重に行いましょう。

上司からのマイナスな印象をもたれないように、申し訳ない気持ちを持ちつつ断るといいですよ。

うまく上司との飲み会を断って、自分の大切な時間を過ごしてください。

転職エージェント人気ランキング

リクルートエージェント

リクルートエージェント
評判 5.0
特徴 転職支援実績No.1
エリア 全国

ビズリーチ

ビズリーチ
評判 4.0
特徴 年収600万円〜でNo.1
エリア 全国

WORKPORT

ワークポート
評判 3.5
特徴 転職決定人数No.1
エリア 関東・関西メイン
あなたに合う転職サービスを探す
お住いの地域
あなたの年齢
直近の年収
希望の職種
希望の雇用形態