2名の面接官と若い社会人女性

転職活動の面接に限った話ではありませんが、社会人にとって遅刻は厳禁です。

書類選考の評価がどれだけ高かったとしても、面接に遅刻してしまってはすべて台無し。

その一方、約束の時間に早く到着し過ぎてもマイナス評価に直結する可能性があり、印象がよくありません。

では面接に参加する際、どのくらい早めに到着すれば良いのでしょうか。

この記事で解説していきます。

転職の面接は何分前に現地へ到着すべきか

横断歩道を歩くスーツ姿の男性

転職の面接に遅刻することはいけませんが、早く着きすぎてもいけません。

特に朝の9時や休憩明けの13時から面接を予定している場合、早すぎる到着は採用担当者に迷惑をかけてしまう可能性もあります。

約束の時間の何分前に到着するように向かえばよいのか、また万が一遅刻してしまうときはどのように対処すればよいのか、順を追って解説していきます。

現地には15分前、受付は10分前の到着が目安

訪問する会社が低層ビルで、受付が道路に面しているような場合は、約束した時刻の5分前に着いておけば良いでしょう。

しかし到着後すぐに面接という形になり、少々慌ただしくなります。

心を落ち着かせてから面接へ臨めるように、できれば開始10分前に受付ができると良いでしょう。

また大都市中心部にオフィスを構える企業は、高層ビルに入居している場合も多いものです。

この場合、ビルに到着してもすぐに受付という訳にはいかず、エレベーターを待つ時間が必要です。

特に朝や昼休み直後の時間帯はエレベーターが混雑しますから、15分前までにはビルに着いておくようにしましょう。

ビルのエレベーターに乗ることができず、約束の時間に遅れてしまったという人は意外と多いです。

早すぎる来社は不合格に直結することも

面接時刻の30分前など、会社に到着する時刻が早すぎてもいけません。

この理由は以下の3つです。

  • 採用担当といえども他の業務と兼務していることがほとんどなので、予定している仕事を止めることになってしまう
  • 面接で使う会議室は予約制になっている場合も多く、早めに来たからといって面接ができるとは限らない
  • 相手に対して気遣いができない人という評価がされる場合があり、不合格に直結することがある

社会人の常識として、相手も忙しいという前提で行動することが大切です。

万が一面接に遅刻してしまうときの対処法

電車を待っている人たち

面接に遅刻することは厳禁です。

しかし、電車が止まってしまったり、急な体調不良など、さまざまな事情により遅刻することはあるものです。

その場合はどうすれば良いか、対処方法を解説します。

鉄道などの公共交通機関を利用する場合

大都市圏の鉄道では、事故などの理由により、毎日どこかで遅れが発生しています。

人身事故等では1時間程度止まることが多いですが、遅れを見越して1時間早めに出発することも合理的ではありませんから、そこまでする必要はありません。

いずれにしろ遅刻することがわかった時点で、速やかに会社へ連絡しましょう。

きちんと事情を説明すれば、理解してくれることがほとんどです。

その後の対応は、各企業で異なりますので、指示に従うことが大切です。

車を利用する場合

面接には公共交通機関で来るように、と書かれている転職サイトは多いです。

しかし、企業によってはオフィスが幹線道路に面しており、公共交通機関では行きづらい場所にあることもあります。

この場合は、車で面接会場に向かう方も多いでしょう。

車で移動する場合も、渋滞や事故などで遅刻する場合があります。

遅刻することがわかったら車を駐車できるスペースを探し、できるだけ早めに企業へ連絡しましょう。

その後の対応は、企業の指示に従ってください。

ちょうどよい時刻に到着するためには

電車移動中のビジネスパーソン

ここまで説明した通り、面接会場には遅刻はもちろん、早く着きすぎてもいけません。

それではちょうど良い時刻に到着するためには、どうすれば良いのでしょうか。

前日までに、以下のようなポイントを押さえておくと良いでしょう。

  • 訪問先の場所を住所だけでなく、ビルの何階かも含めて調べておく
  • 公共交通機関を使う場合は、あらかじめ経路や乗換駅、時刻を調べておく
  • 路線バスや車で向かう場合は、渋滞の可能性を考慮する

それでも面接時刻より早めに到着した場合、いくつかすべきことがあります。

この点について、確認してみましょう。

現地には行ってもかまわない

受付は10分前に通ることが望ましいですが、会場の建物には早く着いてもかまいません。

面接会場の建物を探すとき、近くまで来ているはずなのにビルがどれかわからない…という経験をされた方も多いのではないでしょうか。

せっかく最寄り駅に早く着いても、建物が見つからないばかりに遅刻したのでは本末転倒です。

現地で早めに面接会場のビルを確認しておくことで、予定時刻までゆっくり過ごすことができ、落ち着いて面接の最終チェックをすることができます。

身だしなみを整えておく

化粧室でメイクを整える女性

最寄り駅に着いたら、駅や駅前のビルなどでトイレを見つけ、身だしなみを整えておくと良いでしょう。

できれば面接企業が入居しているビルのトイレは、共用部分であっても避けたほうが賢明です。

面接企業の従業員に見つかる可能性があるためです。

面接に備えて考えを整理する

転職活動では面接予定時刻の1時間前など、会場近くにかなり早く着く場合があります。

もし喫茶店などがあれば、飲み物を飲みながら考えを整理するなど、面接に向けたチェックをすると良いでしょう。

昼食や夕食の時間帯であれば、食事をしながらということも良い方法です。

またトイレに行きたいタイミングであれば、個室で考えを整理することも良いかもしれません。

人間のひらめきはトイレで起きやすいと言われていますので、1つの方法です。

但し、便座に5分以上腰掛けることは良くありません。

これが習慣になると将来痔になる可能性が高くなりますので、トイレは短時間で済ませるように心がけましょう。

転職の面接は落ち着いて臨むことが大切

ビジネス街でスマホを持ちながら遠くを見つめる男性

転職の面接を成功させるためには、定刻の10~15分前に到着し、落ち着いて臨むことが大切です。

定刻ぎりぎりにかけ込んでしまったのでは身だしなみも整わず、面接担当者に悪い印象を与えてしまいます。

志望意欲が低いのではないかと疑われかねません。

できれば面接時刻よりも早めに最寄り駅に到着しておき、一度現地まで足を運んでおくと理想的です。

このようにしておけば、面接の直前に会場がわからず慌てることもないでしょう。

時間に余裕があれば、喫茶店やカフェで考えを整理することも良い方法です。

ただでさえ緊張しやすい面接ですから、時間に余裕を持って、落ち着いて臨むことができるように心がけましょう。

転職エージェント人気ランキング

リクルートエージェント

リクルートエージェント
評判 5.0
特徴 転職支援実績No.1
エリア 全国

ビズリーチ

ビズリーチ
評判 4.0
特徴 年収600万円〜でNo.1
エリア 全国

WORKPORT

ワークポート
評判 3.5
特徴 転職決定人数No.1
エリア 関東・関西メイン
あなたに合う転職サービスを探す
お住いの地域
あなたの年齢
直近の年収
希望の職種
希望の雇用形態