しょっぱい顔で給料袋を抱える男性

「もっと年収が高かったらなぁ・・・」と考えたことはありますか?

会社員として働いている方なら一度や二度は考えたことがありますよね。

年収アップを夢見て転職する人も多いですが、リスクを理解しないまま飛び出すのは非常に危険。

転職に失敗して年収が大幅にダウンしてしまう人だっているんです。

このページでは、サラリーマンが年収アップを実現するための基礎知識について詳しく解説しています。

近いうちに転職を考えている方、今の給料に不満を感じている方は、ぜひ参考にしてみてください。

年収を決定づける主な要素

広いオフィスで仕事中の人たち

そもそも今あなたが受け取っている給料について、なぜこの金額なのか考えたことはありますか?

評価の基準や重視するポイントは会社によってさまざまですが、まずは基本的な考え方から見直していきましょう。

年齢、勤続年数

昔ほどではないにしても、今でも年齢に応じた給与を設定している会社はたくさんあります。

勤続年数によって給料が上がっていく会社も多いですね。

新卒で入社した時点がもっとも低く、勤続年数を重ねていくにつれて給料が上がっていくスタイル。

年齢や勤続年数で給料が上がっていく会社に勤めていると、極論、会社に在籍しているだけで年収は上がっていきます。

とても素晴らしい制度に思えますが、仕事ができないくせに給料だけ高いダメ上司を生み出してしまうことも。

役職・スキル

役職やスキルも給料に大きな影響を与える要素のひとつ。

主任や課長など、役職の名称も勤め先によってさまざまですが、何かしらの役職に就くと基本給がアップしたり、役職手当などの付与で手取り額が増えたり。

たとえ平社員だとしても、専門性の高いスキルを身に着けることで年収アップにつながるケースも多いです。

「〇〇なら誰にも負けない!」と断言できるスキルは何かお持ちですか?

スキル習得においてもっともわかりやすいのは資格の習得ですね。

不動産業界だと宅建(宅地建物取引士)取得者に手当を支給している会社も多く、資格取得が年収アップに直結するケースもあります。

業績・成果

会社の業績やあなた自身の成果も給料に多大な影響を与えます。

あなたがどれだけ仕事で成果を上げたとしても、会社が倒産間近だった場合、給料が上がることはないでしょう。

一方、会社の業績が絶好調だった場合、あなたが毎日ミスを繰り返していても今年のボーナスはちょっと期待できそうです。

仕事における成果を考えるときに大切なことは、利益を生み出しているかどうかという視点。

「私は誰よりもシュレッダーをかけるのがうまい!」

と自信を持っていたとしても、残念ながら給料アップは期待しづらいです。

もっともわかりやすいのは営業職で、売り上げを伸ばすことは会社の業績アップに直結します。

あなたの今の仕事は、会社の利益アップにつながりますか?

上司の好き嫌い

最後にもうひとつだけ、上司の一存で給料が決められている職場も少なからず存在しています。

誰よりも頑張って働いているのに、直属の上司に嫌われているという理由だけで正当に評価されず、賞与を下げられてしまったり。

中小企業だと社長に逆らえる人が社内に誰もおらず、やりたい放題になっていることも少なくありません。

ろくに仕事をしない社長の息子だけ給料を高くして、ほかの従業員には最低限度の給与しか支払わないというケースも。

社長や上司の好き嫌いで年収を左右される職場で働いているなら、上司のご機嫌取りも重要なタスクといえるでしょう。

年収を上げるための主な方法

会議室で打ち合わせ中

年収を左右する主な要素を理解いただいたうえで、具体的な年収アップの方法について見ていきましょう。

真っ先に転職を思い浮かべる方も多いですが、年収を上げる方法は転職以外にもたくさんあります。

ただ、大切なことを先にお伝えすると、苦労せずに給料を上げる方法なんて存在しないと考えてください。

「給料をもっと上げたいけど、仕事は頑張りたくないし、遊ぶ時間も減らしたくない」

なんて甘えた考えを捨て去ることが第一歩です。

昇給を待つ

もっとも確実性が高く、楽に実現できる年収アップの方法といえば、定期昇給を待つことです。

先ほどもお伝えしたように、年齢や勤続年数で給料が上がっていく会社に勤めているなら、毎年着実に年収は増えていきます。

ただし、昇給額はあまり期待できません。

会社によっては1年で1,000~2,000円程度しか昇給しないことも。

給料が上がると所得税や厚生年金で天引きされる額も上がりますから、手取りが数百円増えただけというケースも多いです。

会社側としてはなるべく人件費を抑えたいのが本音ですから、毎年何十万円とコストが増えていくのは避けたいのです。

各種手当を活用する

あなたの職場にはどのような福利厚生の制度がありますか?

先ほどもお伝えしたように資格手当を支給している会社もありますし、家賃手当や深夜手当などの制度を導入している会社も多いです。

「子供ひとりにつき1万円」といった家族手当を支給している会社もありますね。

年収アップにつながる各種制度があるなら、利用条件を満たせるように努力してみるのもひとつです。

残業を増やす

あなたの勤め先は残業代がきちんと支払われていますか?

時間外労働分の給与がきちんと支払われるなら、上司に怒られない範囲で残業や休日出勤を増やしてみましょう。

プライベートの時間は削られてしまうものの、働けば働いた分、あなたの年収は増えていきます。

万が一サービス残業を強いられているなら、退職時に未払い分の残業代をまとめて請求することをおすすめします。

未払い給与は2年で時効を迎えてしまうため、心当たりがあるかたは早めに以下の記事をチェックしてみてください。

出世・昇進する

定期昇給以上の大幅な年収アップを目指すなら、出世するのが一番の近道。

昇進の基準も会社によってさまざまではあるものの、今任されている仕事で成果を出すことが大前提です。

実績を積み重ねて、上司や同僚からの信頼も勝ち得ていけば、おのずと出世の道が見えてくるでしょう。

ただし、勤め先によってはポストが埋まっていたり、ついていくべき上司を間違えると出世の道が途絶えてしまうことも。

従業員数が数千人を超える大企業だと、ライバルを蹴落としていくことも必要です。

誰よりも成果を上げれば出世できる制度ならわかりやすいですが、政治力を求められる職場があることも理解しておきましょう。

副業で稼ぐ

残業や休日出勤は制限され、昇給・昇進も期待できないなら、副業で稼ぐのもひとつの道です。

副業で年間20万円以上稼ぐと確定申告が必要になるほか、住民税の金額で副業していることが会社にバレるため、就業規則で副業が禁止されているときは要注意。

比較的手軽にはじめられる主な副業を5つほどご紹介します。

ブロガー

日記や文章を書くことが好きなら、ブログを書いてアフィリエイト収入を稼ぐのがおすすめです。

無料のブログサービスを使えば初期投資はほとんどかかりませんし、ほとんどリスクがない状態ではじめられます。

コツコツ努力すれば、半年で月1~2万円を稼ぐことも不可能ではありません。

数千円の定期昇給を待つより、よほど効率的ですよ。

ブログのデザインをカスタマイズするとなると、HTMLやCSSなどの知識も必要になりますが、努力を続けていけば徐々に理解できるようになるでしょう。

ライター

ブログなどで文章を書くことに慣れてきたら、ライターとして仕事を請けてみてはいかがでしょうか。

ランサーズやクラウドワークスなどのクラウトソーシングを利用すれば、さまざまなライティング案件の募集が見つかります。

初心者でも応募できる案件はたくさんありますし、得意なジャンルの案件を見つけられれば楽に執筆できるでしょう。

ただ、発注側とコミュニケーションがうまくいかなかったり、求められるレベルが高すぎて苦労するケースもあります。

経験を積んでいくことで慣れていくものなので、無理のないペースで続けてみることが大切です。

イラストレーター

絵やイラストを描くことが得意なら、クラウドソーシングでイラストの仕事を請けてみるのもよいでしょう。

名刺やロゴデザイン、新商品のイメージキャラクター案件などもたくさん見つかります。

aiデータでの納品が必須という案件も多いので、illustratorをある程度使いこなせる方におすすめです。

クラウドソーシングに限らず、同人誌を制作してコミックマーケットなどのイベントで販売するのもひとつですね。

人気作家になれば1日の出展で数十万円の売り上げを稼ぐことも。

フォトグラファー

写真を撮ることが好きなら、フォトグラファーとして出張撮影の案件を請けてみるのもいいですね。

七五三やお宮参りなどの家族写真だと土日や祝日の依頼がほとんどなので、本業に支障が出にくいという特徴があります。

ぐずった子供をあやしたり、初対面の相手から笑顔を引き出すなど、コミュニケーションスキルは必須。

単に撮影がうまいだけでは苦労しますよ。

カメラマンとして一歩を踏み出してみたい方におすすめです。

ナイトワーク

最後にもうひとつ、職場にバレるとまずい副業といえばナイトワークですね。

才能が開花すれば、一晩で数万円稼ぐことも不可能ではありません。

夜の仕事に偏見を持つ人が多いのも事実ですが、明確な目標をもって働いている人もたくさんいます。

週1~2回の出勤でOKというお店もありますし、エリアや店舗によって客層も大きく変わります。

どうしてもお金が必要!

という状況であれば検討してみてください。

投資に挑戦する

「年収は上げたいけど、副業は時間がかかるし面倒くさい・・・」

と考えるなら、リスクを理解したうえで投資に挑戦してみてもよいでしょう。

とはいえ月数万円稼ぐとなると、それなりの元手と勉強量が必要です。

FXや仮想通貨は無料で使えるシミュレーションソフトも多いので、まずは練習してみることをおすすめします。

場合によっては年収を上げるどころか全財産を失うリスクもあるため、くれぐれも慎重に判断してください。

独立・起業する

自分自身のスキル・実力に自信があるなら、いっそのこと会社員を辞めてフリーランスとして独立したり、会社を起こすのもひとつの道です。

税務署に開業届を出して個人事業主として独立すれば、稼いだ金額がそのまま自分の収入になります。

法人化したときも役員報酬を自分で決められるため、売り上げを見込めるなら高めに設定してみてもよいでしょう。

ある程度経費も自由に使えますし、昼頃まで寝ていても誰に怒られることもありません。

とはいえ仕事がなくなってしまえば収入はゼロになりますし、コツコツ貯め続けた貯金を食いつぶしてしまうリスクもあります。

安易に独立の道を選ぶことだけは止めておきましょう。

年収アップ目的で転職するリスク

パソコンの前で悩んでいる女性

残業代も稼げず、昇給・昇進も期待できない、さらに副業も禁止されているという状況であれば、転職を考えたくなるのも無理はありません。

昇給や昇進の基準は会社によってさまざまなので、同じような仕事でも勤め先を変えただけで年収が100万円以上アップしたというケースもあります。

単純に「上司が嫌いだから」「今の仕事がつまらないから」という理由で転職を考えている人もいるかもしれませんね。

年収アップを夢見て転職する人はとても多いですが、希望通りの転職先を見つけられる保証なんて一切ありません。

冒頭でお伝えしたように、転職に失敗して年収が大幅にダウンする人も少なくないのです。

ここからは年収アップ目的で転職することのリスクについて詳しく解説します。

まず自分の市場価値を把握する

「年収をもっと上げたい!」と思っても、いきなり退職することだけは止めてください、絶対に。

まずやるべきは、あなた自身の市場価値を正しく把握することです。

年収が低いと思っているのはあなただけで、業界の相場と比べると意外と高かったというケースもあります。

一方、あまりの低賃金で働かされていたことに気づけたことも。

市場価値を調べるうえで便利なのは、パーソルキャリア株式会社が手掛けるミイダスというサービス。

今転職すると、どれくらいの年収を期待できるのか、想定年収を簡単に調べられます。

適正年収は785万円

スマホからも簡単に利用できて、想定年収を調べるだけなら面倒な会員登録も不要。

転職エージェントを利用して、今の実力でどれくらいの年収を期待できるか相談するのもひとつですが、手間と時間がかかりますよね。

以下の記事でも詳しく解説しているので、自身の市場価値を調べたい方はチェックしてみてください。

魅力の薄い資格取得に注意

年収アップを目指すうえで資格取得は有効、とこのページの前半でお伝えしました。

だからといって、転職活動で役立たない資格の取得は時間の無駄です。

自分自身の市場価値を高めて、今よりもっと高い年収を実現したいなら仕事に直結する資格を選びましょう。

「せっかくお金と時間をかけて資格を取得したのに、まったく意味がなかった・・・」

なんて状況は避けたいですよね。

資格より実務経験を重視する会社も多いですから、無理に資格取得を目指す必要もありませんよ。

同業他社は即戦力で働ける

転職で年収アップを実現するうえで、もっとも手っ取り早いのは同業他社へ転職することです。

商品知識やクライアントのニーズなども十分理解していますから、即戦力として活躍できる可能性が非常に高いです。

これまでの実績を認めてもらえれば、より条件の良い年収・ポジションを提示されることも少なくありません。

「ライバル会社に転職したら、前職から訴えられそうで怖い・・・」

と考えるのも無理はありませんが、取引先の情報を横流しするなどの悪質な行為をしない限り、職業選択の自由が優先されるでしょう。

20代後半は年収を上げやすい

大手転職サイトdodaの調査によると、20代後半ほど年収アップ率が高いというデータも出ています。

20代後半になれば仕事の進め方や成果の上げ方のコツをつかんできて、より条件のいい会社へ転職する人が多くなります。

年収350万円前後だった人が、一気に年収500万円になった、という例も少なくありません。

40代を超えてくると元々の年収が高いことも多く、伸び率としては小さくなりがちです。

さらに、女性より男性のほうが転職で年収アップしやすいというデータも出ています。

性別を問わず活躍できる会社が増えてきているとはいえ、どうしても結婚・出産をきっかけに仕事を離れてしまう女性は多いです。

子どもが生まれてからは定時で帰れる仕事に転職したり、派遣社員やアルバイト・パートとして働く人も多いため、全体でみると女性の年収は下がってしまうのでしょう。

景気の良い業種を見極める

未経験で新しい業種に挑戦するときは、くれぐれも先行き不安な業界を選ばないように注意しましょう。

5年後、10年後に日本経済がどうなっているかなんて誰にも予測できませんが、少なくともこの先数年間は成長し続けそうな業種を選ぶことが大切です。

たとえば少子高齢化が今後ますます進んでいくなか、どのような業種が伸びていくと思いますか?

わかりやすい例だと、高齢者向けの介護・福祉関連のサービスは間違いなく需要が広がっていきますし、一方で幼児向けのビジネスはパイの奪い合いが激しくなっていくことでしょう。

興味のある業種から転職先を探すのもひとつのやり方ではあるものの、年収アップを目指すなら景気の良い業種を選ぶのが近道です。

大企業と中小企業は一長一短

大手企業と中小企業、どちらに転職したいか考えはまとまっていますか?

どちらを選ぶべきかは、あなた自身が何を優先するかです。

大手企業に転職できれば当面の雇用は保証されますし、家計も安定することでしょう。

しかしながら上司に恵まれないと日々つらい思いをしますし、仕事内容がつまらなかったり、転勤が発生する職場も少なくありません。

一方、中小企業だと雇用面の安定性は劣るものの、やりたい仕事に挑戦できたり、自由度の高さに居心地を感じる人も多いです。

とはいえ福利厚生はあまり期待できませんし、ワンマン経営者に振り回されてしまうこともあります。

大企業と中小企業はどちらも一長一短ですから、年収以外の点もきちんと見極めて入社すべき会社を決めましょう。

大手のほうが給与は高め

大手と中小は一長一短ではあるものの、相対的には大手企業のほうが給与水準は高くなる傾向にあります。

国税庁が発表している民間給与実態統計を見てみると、企業規模による年収の差がはっきりと表れています。

民間給与実態統計は、民間事業所における年間の給与の実態を、給与階級別、事業所規模別、企業規模別等に明らかにし、税務行政運営等の基本資料とすることを目的としている。

調査結果をすべて確認するのは大変ですので、細かいデータを見るのが好きな方は参考情報としてチェックしてみてください。

評価や昇給基準の確認を

企業の規模を問わず、転職先を決めるときは事前に評価基準について確認しておくことをおすすめします。

どういった人が活躍しているのか、どんな人が社内で高い評価を得ているのかは、会社によってさまざま。

まともな会社なら評価基準が明確化されていますから、面接のときに可能な範囲で教えてもらいましょう。

これといった基準がない場合、経営者や上司の一存で決められている可能性があるので要注意です。

高年収の仕事ほどしんどい

当たり前の話をしますが、年収の高い仕事ほど求められるレベルは高くなります。

年収2,000万円を目指すなら、相応の価値を会社に提供しないと存在価値がありません。

お昼ごろにのんびりと重役出勤して、オフィスで新聞を読んでいるだけで年収1,000万円という人が一部存在しているのも事実ですが、極めて稀なケースだと理解してください。

年収が上がるほど背負う責任は大きく、会社からの期待値も上がります。

それでもあなたは年収アップを目指しますか?

実力主義の会社はわかりやすい

もしあなたが営業職として経験を積んでいて、ある程度スキルに自信があるなら、実力主義の会社を探してみてはいかがでしょうか。

金融や不動産、人材ビジネスなどの業界は成果主義を導入している会社も多く、成果を上げれば上げるほど高額なインセンティブが支払われます。

20代で年収1,000万を突破している人もいますし、若くしてタワーマンションに住んで高級車を転がしている人も。

もちろん成果を出せなければどん底まで落ちていくので、腕に自信がない方にはおすすめしません。

転職活動が長引くことも

「今の会社に勤めていても未来がないから、やっぱり転職する!」

と決意したところで、すぐに転職先が見つかる保証はありません。

人によっては半年以上長引くこともありますから、退職予定日の2~3ヵ月前から動き出せるとベスト。

年収アップを目指して退職したのに、希望の転職先が見つからずに貯金を食いつぶしていくなんて最悪です。

早めに動き出せば余裕をもって転職活動を進められますし、気持ちよく有休消化に入れますよ。

すでに退職日が直近に迫っている方は、早めに転職活動を進めていきましょう。

年収が下がっても転職すべきケース

遠くを見つめるスーツ姿の女性

転職で年収アップを期待する人は多いですが、当然のことながら収入を増やすことだけが正解ではありません。

年収がダウンするとわかっていながら、転職を決意する人も少なくないのです。

たとえば以下のような状況の場合、年収が下がったとしても転職すべきといえます。

  • 憧れていた仕事、好きなことで働けるとき
  • 前職の労働環境があまりにひどかったとき
  • 家庭環境に大きな変化があったとき など

まったく別の業界へキャリアチェンジしたり、昔から憧れていた職業への転職を希望する場合、実績や経験がないことから年収ダウンは避けられないことが多いです。

連日終電帰りで休日出勤も当たり前の職場だった場合、年収を下げてでも落ち着いて働ける仕事がしたい、と考える人もいます。

子どもが生まれたり、両親の介護など、家庭環境の変化から働き方を見直す人もいますね。

どのような働き方がベストなのかは人それぞれですので、何を優先して転職先を探すかはじっくり考えてみてください。

やりがい搾取の企業に要注意

転職で年収ダウンを受け入れるとしても、やりがい搾取の企業にはくれぐれも注意してください。

たとえば「社会貢献のために」「お客様の笑顔のために」と耳障りの良い言葉を並べて、従業員を低賃金でこき使おうとしている企業は実在します。

残業代がまともに支給されなかったり、有給休暇をほとんど使えなかったり、プライベートまで上司に拘束されたり・・・

ブラック企業とまでは言えませんが、労働環境が良いとはいえない企業はよく見かけます。

会社の理念や考え方など、やたらと価値観を押し付けてくるような面接官と出会った場合、入社前に一度きちんと調べてみることをおすすめします。

転職エージェント活用のすすめ

ガッチリ握手を交わすスーツの男女

転職エージェントは何社くらい利用していますか?

年収アップを目指して転職するなら、転職エージェントを積極的に活用することを強くおすすめします。

なぜ転職エージェントが便利なのか、詳しくご説明します。

キャリアパスが明確になる

転職エージェントをおすすめする理由のひとつに、キャリアカウンセリングを受けられるという点があります。

仮にあなたが年収1.000万円を目指しているとして、どのように実現するか具体案は思い浮かびますか?

たとえば今の年収が350万円だとすると、残念ながら転職していきなり年収1,000万円にキャリアアップするのはほぼ不可能でしょう。

その点、転職エージェントに相談すれば、中長期的なキャリアプランについて具体的なアドバイスをもらえます。

「〇〇業界で年収1,000万を目指すなら、少なくとも〇〇と△△の経験が必須です」

「〇〇業界でまずは3~4年働いて△△の実績を積めたら、次の転職で年収1,000万が見えてきそうです」

カウンセリングを受けた結果、やっぱりまだ転職しないという結論に至る人もいます。

今辞めるべきか、もう少し会社に残るべきか迷っている方も、まずはカウンセリングを受けてみることをおすすめします。

非公開求人と出会える

年収アップを目指すなら、転職エージェント各社が抱える非公開求人も要チェックです。

大手有名企業の求人も多く、お互いの求める条件がうまくマッチすれば大幅な年収アップも夢ではありません。

大手のエージェントほどたくさんの非公開求人を抱えていますから、少なくとも最大手のリクルートエージェントは早めに登録しておきましょう。

中途採用の募集を探すだけなら転職サイトやハローワークでもたくさんの求人を見つけられますが、似たような業種ばかりだったり、条件が合わなかったり、希望の転職先を見つけるのは意外と大変です。

少々手間はかかるものの、転職サイトと転職エージェントを併用できるとベストですね。

事前に面接対策ができる

面接は得意ですか?

希望にぴったりの求人を見つけられたとしても、面接で落とされてしまっては意味がありません。

「絶対にここで働きたい!」と思える会社を見つけたなら、面接対策に時間をかけましょう。

面接に苦手意識を持っている方にとっても、転職エージェントは頼もしい存在になります。

模擬面接に対応してくれるエージェントも多いですし、リクルートエージェントでは受講者の99%が満足している面接対策セミナーを定期的に開催。

どのような面接も一発勝負ですから、本面の会社で失敗しないように事前の対策をおすすめします。

年収交渉を任せられる

条件交渉を丸投げできるのも転職エージェントを利用するメリットのひとつですね。

内定先から提示された年収が希望より低かったとき、自分で交渉するのは結構大変です。

交渉が難航すると内定を取り消されるリスクもありますし、入社後に肩身の狭い思いをしてしまうことも。

もちろん転職エージェントに任せたからといって、100%希望通りになる保証はありません。

転職エージェントも取引先との関係性を壊したくないという本音がありますから、ときには妥協することも大切です。

年収を上げるためには行動を

電話をしながら歩くスーツ姿の女性

年収を上げるのは簡単なことではありません。

「給料が少ないから転職しよう!」と考える人も多いですが、転職活動に失敗して年収が下がってしまうリスクも考慮すべきです。

給料の高い求人を見つけられても、あなたが活躍できるかどうかは別問題。

会社を辞めずとも年収を上げる方法はたくさんありますし、転職はあくまで選択肢のひとつ。

いずれの道を選んだとしても、共通するのは今の状態を保っているだけではなかなか年収は上がらないということ。

なるべき早く年収アップを実現したいなら、できることから一歩を踏み出してみることが大切です。

上司から評価されるように仕事に取り組む姿勢を見直してみたり、初期投資のかからない副業に挑戦してみたり。

何もしない人は何も得られませんよ。

当サイトで人気の転職エージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェント
評判 5.0
特徴 転職支援実績No.1
エリア 全国

パソナキャリア

パソナキャリア
評判 4.5
特徴 女性の転職に強い
エリア 関東・関西・東海

ビズリーチ

ビズリーチ
評判 4.0
特徴 年収600万円〜でNo.1
エリア 全国
あなたに合う転職サービスを探す
お住いの地域
あなたの年齢
直近の年収
希望の職種
希望の雇用形態