上司に激詰めされている男性

「あの○○上司、無茶なことばかりいって頭おかしいんじゃないの・・・」

「ろくに仕事ができないくせに、いつも上から目線で腹が立つ・・・」

仕事でストレスが溜まってくると、誰かに愚痴のひとつくらい言いたくなりますよね。

でも仕事の愚痴はなるべく言わないようにしましょう、とくに仕事上の付き合いがある相手には。

なぜ愚痴をこぼしてはダメなのか、その理由についてこのページで詳しく解説します。

吐き出したい愚痴が溜まりに溜まっている人は、少しだけ我慢して最後までご覧ください。

愚痴をこぼす行為に伴う主なリスク

ショックで頭を抱えている女性

仕事の愚痴が原因で減給されるかもしれないとしたら、あなたはそれでも愚痴を吐きますか?

大前提として、仕事の関係者に愚痴をこぼす行為は非常にリスクが高いです。

同僚に上司への文句をこぼしたり、仲の良い取引相手に同僚の悪口を聞いてもらったり。

愚痴を言いたくなる気持ちはとてもわかります。

アルコールが入ったときはとくに、口元が緩んで日頃言えないことを吐き出してしまうこともあるでしょう。

それでも、あなたの未来を守るために愚痴はなるべく我慢してください。

具体的にどんなリスクがあるのか、順に見ていきましょう。

どこからか人を伝わっていく

「ここだけの話だからね。」

「絶対に他の人には言わないでね!」

と伝えたはずなのに、いつの間にかあなたが吐いた愚痴は関係者へ伝わっていくものです。

上司への悪口も、いつの間にか本人に伝わっています。

しかも他人への悪口が人伝いに伝わっていくと、話にどんどん尾ひれがついて、実際に言ってたこと以上に酷い内容で伝わっていることも。

「そんなことまで言ってない!」

と弁解したところで、愚痴を言っていたという事実は変えられません。

あなたの上司が寛大なら笑って見過ごしてくれるかもしれませんが、根に持つタイプだと後が怖いですよ。

電車やバスで移動中も要注意

飲み会の席で愚痴を吐いてしまう人は多いですが、電車やバスといった公共の交通機関も要注意。

同僚と一緒に帰っていると、どうしても仕事のことを話してしまいがち。

無意識にこぼれた愚痴を、関係者に聞かれてしまう可能性があります。

取引先の社長があなたの横に座っている可能性だってゼロではないんです。

最悪の場合、取引停止や契約破棄につながることもありえます。

とくに注意したいのはSNS。

今は何かあればすぐにネットで拡散される時代です。

「○○の社章をつけたおっさんが、取引先の○○社について猛烈に愚痴ってるんだけど」

と偶然あなたの愚痴を耳にした誰かが、Twitterでつぶやいてしまうかもしれません。

写真つきで拡散されたときには、もう弁解のしようがありませんね。

録音されている可能性もある

愚痴をこぼした相手が、あなたの絶対的な味方だという保証はありますか?

あなたは信頼していても、相手はあなたをライバル視している可能性も考えられます。

自分が出世するために、あなたが吐いた愚痴を録音して貶めようとしているかもしれません。

「あいつがそんなことをするはずがない!」

と100%の自信を持てるなら、好きなだけ愚痴を吐くとよいでしょう。

性善説で考えられるのは、あなたの心が優しい証拠です。

ただし、軽い気持ちで吐いた愚痴が原因で、あなたの出世が途絶えるかもしれないことは理解しておいてください。

聞いている人のストレスになる

自宅のソファに倒れ込むスーツ姿の女性

好きなだけ愚痴を言えば、あなたはスッキリできるのかもしれません。

でもそれは愚痴を聞かされている人にとってはストレスでしかありません。

あなた自身、愚痴を聞かされるのは好きですか?

「愚痴を聞くのが大好き!」

なんて人は滅多にいません、というかいないと考えたほうがよいでしょう。

状況をよく理解もできず、深く共感できるわけでもない。

それでも相手を傷つけたり悲しませたくないから、ニコニコと話だけは聞いてあげる。

あなたの行為が相手に対してストレスを与えている、という事実から目を背けてはいけません。

自分だけがスッキリできればいい。

そんな自己中心的なことをやっていては、いずれ嫌われますよ。

口先だけの人間は慕われない

口先だけ達者で行動が伴わない人を、あなたは尊敬できますか?

「自分のほうが先輩なのに、なんであいつばかり優遇されるんだよ」

「あの上司、もうボケはじめてんじゃねぇの」

愚痴を聞かされている相手は、面倒なことを避けたくて適当に相槌を打ってくれることでしょう。

でも心の中では「いいからお前も結果を出せよ」と思っているかもしれません。

相手のことを考えず、愚痴を撒き散らすだけの人間は根本的に信頼されません。

信頼されなければ重要な仕事も任されませんし、簡単な仕事ばかり担当させられて人事評価も上がらずじまい。

つまり愚痴の言い過ぎは、あなたの評価を下げることに直結します。

どれだけストレスが溜まっていても、ぐっとこらえる時も大切なのです。

それでも愚痴りたいときの対処法

自宅でやけ酒を飲んでいる男性

「でも愚痴を溜め込んだら胃に穴があきそう・・・」

「仕事のストレスが溜まりすぎて体調を崩しそう・・・」

と限界ギリギリの方もいることでしょう。

なるべく愚痴はこぼさないのがベストですが、健康を害するほど我慢するのもよくありません。

ここからは安全にストレスを発散するための方法についてご説明します。

吐き出したい愚痴が喉元まで迫っている方は、すぐに実践できそうなものを試してみてください。

信頼できる相手にだけ話す

先ほどご説明したとおり、同僚や取引先など、仕事の関係者に愚痴をこぼすことは止めましょう。

どうしても愚痴を吐きたいときは、家族や友人など、絶対的に信頼できる相手だけにしてください。

とはいえ、家族や友人に余計なストレスをかけてしまうのも褒められた行為ではありません。

ポイントは、先に断りを入れてから愚痴ること。

「申し訳ないけど、今日は愚痴らせてほしい」

「飲み代を奢るから、愚痴を聞いてほしい」

と丁寧にお願いすれば、無下に対応されることはないでしょう。

相手にはなんのメリットもないんですから、せめて食事をごちそうするくらいは考えてあげてくださいね。

非公開のSNSにぶちまける

「独身だし、気軽に飲みに誘える友人もいない・・・」

という方は、ネット上に吐き出してみるのもひとつ。

非公開に設定したTwitterで愚痴をつぶやいたり、匿名の書き込みサイトやQ&Aサイトを利用してみるのもいいでしょう。

共感してくれる人が見つかるときもあれば、「それはあなたが悪い」と厳しい言葉を受け取るときもあるでしょう。

もちろん仕事の関係者に見られても、特定できないように工夫する必要はあります。

万が一、機密情報や個人情報の漏洩につながるような書き込みをして、さらにそれが職場にバレた場合、何らかの処分は避けられません。

始末書ひとつで済めばまだマシですが、最悪の場合、仕事を失います。

Twitterに愚痴を書くなという意見

「Twitterに愚痴を書くと嫌われる」

という噂を信じている人もいますよね。

あなたが数千〜数万のフォロワーを抱える人気者であれば、ネガティブなツイートはたしかに少ないほうがよいでしょう。

しかしながら、フォロワーが数十〜数百人程度で、趣味のつながりしかないようであれば、好きなだけ愚痴をつぶやくべきです。

一度も会ったことのない、顔も見たことのない相手としかつながっていないならなおさら、嫌われることを気にしても意味がありません。

「嫌だったら見るな」に尽きます。

ネット上の薄いつながりよりも、優先すべきはあなた自身のストレス発散です。

リアルな生活ではなかなか見られない、人間のドロドロとした本音を見ることに楽しみを感じているフォロワーだっていることでしょう。

「Twitterに愚痴を書くな!」なんて意見を気にする必要は一切ありませんよ。

運動などでストレスを発散

スポーツジムで運動している若い女性

愚痴をこぼすだけではなく、夢中になれるものに没頭してみるのも効果的です。

運動が苦でなければ、ジョギングで汗を流したり、フィットネスジムで体を鍛えてみてもいいでしょう。

気になっていた映画やアニメを見て、思いっきり泣いたり、笑ったりすることでもストレスを発散できるものです。

お金に余裕があれば、片道2時間くらいで行けそうな温泉へ足を運んでみるのもいいじゃないですか。

スーパー銭湯でたっぷり汗を流して、お風呂上がりにキンキンに冷えたビールを胃に流し込むだけでも、十分気持ちよくなれます。

仕事以外のことで夢中になれれば、「愚痴を吐きたい!」だなんて思わなくなりますよ。

思い切って転職してしまう

「ほんと今の仕事つまんない・・・」

「毎日時間をムダにしてる気がする・・・」

という状況なら、いっそのこと仕事を変えてしまったらどうですか?

意外と多いんです、毎日のように「辞めたい」「転職したい」と文句を垂れながらも会社にしがみついている人って。

あなた自身の努力では現状を変えられず、お酒やスポーツでも発散できないほどストレスが溜まるような職場で働き続けるなんて賢いとはいえません。

「いやいや、転職はリスクがあるし・・・」

と退職にビビってしまうなら、今の状況を改善できるように知恵を絞りましょう。

努力のポイントが少しずれていることも考えられますし、根気強く上司とコミュニケーションを重ねることで良い方向へ進んでいくこともあります。

ストレスを感じながらでも今の職場で働き続けたほうがいいのか、新天地を求めて一歩を踏み出すべきなのか、ぜひじっくり考えてみてください。

仕事の愚痴はTPOに合わせて吐こう

美味しそうにビールを飲む男性

愚痴を吐きたくなる気持ちはとてもよくわかります。

ですが、愚痴をこぼす相手や場所、内容については慎重に判断すべきです。

口から出てしまった言葉は、二度と取り戻せません。

謝罪で済むならまだしも、取り返しのつかない事態を引き起こすリスクもあるんです。

誰よりもあなた自身の将来を守るために、ひとりの社会人として愚痴を吐くときもTPOを考えましょう。

転職エージェント人気ランキング

リクルートエージェント

リクルートエージェント
評判 5.0
特徴 転職支援実績No.1
エリア 全国

ビズリーチ

ビズリーチ
評判 4.0
特徴 年収600万円〜でNo.1
エリア 全国

WORKPORT

ワークポート
評判 3.5
特徴 転職決定人数No.1
エリア 関東・関西メイン
あなたに合う転職サービスを探す
お住いの地域
あなたの年齢
直近の年収
希望の職種
希望の雇用形態