子どもと遊んでいる母親

子育てをしながら働いていると、どうしても子どもに振り回されることが多くなりますね。

子どもが熱を出してしまい、急に仕事を休まないといけなくなることも少なくありません。

子どもの体調不良を理由に仕事を休むのは仕方のないことですが、職場への配慮や社会人としてのマナーを忘れないようにしましょう。

今回は、子どもの体調不良を理由に仕事を休むときのマナーについて詳しくご説明します。

仕事と子育ての両立に悩んでいる方、子どもを理由に仕事を休むことに引け目を感じている方は、ぜひ参考にしてみてください。

子どもの看護休暇は育児・介護休業法で認められている

首を傾げて考え込んでいる女性

そもそも、子どもの体調不良という理由で会社を休んでいいのか不安になる方も少なくありません。

会社の社風によって多少対応は異なりますが、基本的に全く問題ありません。

育児・介護休業法で、子どもの看護休暇は1年に5日まで(子どもが2人以上いる場合は10日まで)認められています。

小学校就学の始期に達するまでの子どもを養育する労働者は、1年に5日(子が2人以上の場合は10日)まで、病気、けがをした子の看護又は子に予防接種、健康診断を受けさせるために、休暇の取得が可能。

1日又は半日(所定労働時間の2分の1)単位で取得も可能。

育児・介護休業制度ガイドブック – 厚生労働省(PDF)

子どもの看護休暇は有給休暇とは少し異なり、有給か無給かは会社ごとの判断になります。

正確なデータは調べられませんが、無休扱いにしている企業が多い印象です。

有給休暇のように翌年への繰越はできないため、勘違いしないように気をつけましょう。

会社が不当な扱いをすることも禁止されている

女性の上司に怒られる事務スタッフ

当然のことながら子どもの体調不良を理由に会社を休んだからといって、会社が労働者に対して不当な扱いをすることは禁止されています。

事業主は、子の看護休暇の申出をしたこと又は取得したことを理由として、労働者に対して解雇その他不利益な取扱いをしてはなりません。

解雇その他不利益な取扱いの典型例として、次に掲げる取扱いがあげられます。

  1. 解雇すること。
  2. 期間を定めて雇用される者について、契約の更新をしないこと。
  3. あらかじめ契約の更新回数の上限が明示されている場合に、当該回数を引き下げること。
  4. 退職又は正社員を非正規社員とするような労働契約内容の変更の強要を行うこと。
  5. 自宅待機を命ずること。
  6. 降格させること。
  7. 減給をし、又は賞与等において不利益な算定を行うこと。
  8. 不利益な配置の変更を行うこと。
  9. 就業環境を害すること。

育児・介護休業法のあらまし – 厚生労働省

もちろん、いくら法律で定められているからと行って、何をしても許されるというわけではありません。

子どもの体調不良を理由に会社を休むときは、社会人としてマナーを守るようにしましょう。

少なからず職場の同僚や上司の手間を増やしてしまうことは事実ですから、謙虚な姿勢を忘れずに手続きを進めることが大切です。

子どもの体調不良で仕事を休むときの基本マナー

では実際に子どものケガや体調不良で会社を休む場合、どのような点に気をつければよいのでしょうか。

主なポイントとしては以下の3点です。

  • まずは直属の上司に電話で連絡
  • 仕事への復帰後はお礼を忘れない
  • 日頃の業務で周りの人をフォロー

日常的に実践できることも多いため、基本的なマナーをしっかりと把握しておきましょう。

まずは直属の上司に電話で連絡

キッチンでスマホを操作する女性

子どもの事情で会社を休まないといけないときは、まずは直属の上司に電話で連絡しましょう。

メールでの連絡がダメというわけではありませんが、いつ確認してもらえるかわからないというデメリットがあります。

一般的に会社を休むことは緊急の連絡ですので、電話での連絡がベストといえます。

また、連絡するときは始業時間の10分前までにしましょう。

始業時間が過ぎてからの連絡は、無断欠勤扱いにされてしまう可能性もありますので気をつけてください。

子どもの体調不良で会社を休む場合、どうしても当日の連絡になることが多くなりますが、前日から子どもの調子が悪かった場合、あらかじめ休むかもしれないと伝えておくことも大切です。

当日の朝に知らされるより、前日から把握できておいたほうが、上司としても対応策を検討できるので助かります。

仕事への復帰後はお礼を忘れない

子どもの体調が落ち着いて、仕事に復帰したときは、必ず上司や同僚にお礼を伝えましょう。

自分がやるべきはずだった仕事を、代わりに対応してくれたかもしれません。

少なからず負担をかけてしまっているため、感謝の気持ちを伝えるのがマナーです。

特に上司に関しては、丁寧に感謝の気持ちを伝えましょう。

いくら法律で看護休暇が認められているとはいえ、小さい子どもがいるんだから休んで当然、といった対応は避けましょう。

マナーに欠ける対応をしていると、周囲から反感を買うことになります。

日頃の業務で周りの人をフォロー

楽しい雰囲気の明るいオフィス

幼い子どもを育てながら働いているときは、日常的に上司や同僚へのフォローを心がけましょう。

子どもの体調不良は仕方のないことですが、どうしても感情的になってしまう人はいるものです。

何かあったときに周りがサポートしてくれるように、日頃から職場に貢献し、信頼関係を築いておくことが大切です。

仮に、職場でほとんどコミュニケーションをとらず、信頼関係を築けていない状態で会社を休むことになった場合、周りはどのように思うでしょうか。

あなたがやるべきだった仕事を放置されたり、陰湿なイジメのような対応をされる可能性も考えられます。

緊急の欠勤は誰にでもありえることですから、お互いにフォローし合える関係性を築いておきましょう。

子育てに理解のない会社に勤めている場合の対処法

洗濯物を干しながら頭を抱える女性

子どもの体調不良を理由に会社を休むことは、周囲へのフォローやマナーを守れば全く問題ありません。

しかしながら、休むことに対して嫌味を言われたり、露骨に対応を変えてくるような会社があるのも事実です。

仕事を休むことが許されない雰囲気の職場や、子育てに理解のない会社も少なからずあります。

育児・介護休業法という法律があることを理解していない上司もたくさんいます。

法律で禁止されている不当な扱いを受けた場合、労働問題に強い弁護士に相談して対処するという選択肢もありますが、積極的におすすめはしません。

裁判に発展しても絶対に勝てる!という確証があったとしても、トラブルが長引くほど精神的にもすり減ってしまいます。

子どもに何かあっても会社を休めない、子育てに理解のない会社で勤めているとき、最も確実な対処法は仕事を辞めてしまうことです。

会社の風土や文化を変えることはできない

仕事と子育てを両立させていくとなると、会社からの理解は必要不可欠です。

子どもが体調を崩しているのに会社を休ませてもらえず、最悪の事態に発展したら取り返しがつきません。

会社によって子育てに対する姿勢や考え方はさまざまです。

育休、産休の扱いをはじめ、社内の制度も会社によってまったく異なります。

そして、あなた自身が役員だったり、発言権のある立場にいない限り、会社の風土や文化を変えることはできません。

子育てに理解のない会社を改革していくよりも、子育てに理解のある会社への転職を考えたほうが確実です。

職場への配慮を忘れずに仕事と子育ての両立を

ベッドで子どもに絵本を読む母親

子どもの体調不良を理由に欠勤することは、育児・介護休業法できちんと認められています。

とはいえ、実際に会社を休むときは、上司や同僚へのフォローを忘れないようにしましょう。

職場には様々な人がいますから、社会人としてマナーある対応を心がけないと、仕事をしづらい空気になってしまうこともあります。

何かあったときにお互いに支え合えるような信頼関係を築いておくことが大切です。

また、子育てへの理解は会社によって対応が大きく異なります。

子育てをしながら働き続けることに大きな負担を感じているのなら、働きやすい会社への転職を考えることもひとつ。

正社員という働き方にこだわらなければ、派遣社員やアルバイトとして働くという選択肢もあります。

あなたのライフスタイルに合わせて、仕事と子育てを両立できる道を探ってみてください。

転職エージェント人気ランキング

リクルートエージェント

リクルートエージェント
評判 5.0
特徴 転職支援実績No.1
エリア 全国

ビズリーチ

ビズリーチ
評判 4.0
特徴 年収600万円〜でNo.1
エリア 全国

WORKPORT

ワークポート
評判 3.5
特徴 転職決定人数No.1
エリア 関東・関西メイン
あなたに合う転職サービスを探す
お住いの地域
あなたの年齢
直近の年収
希望の職種
希望の雇用形態