オフィスで遠くを見つめる女性

退職するときには、お世話になった会社へ菓子折りを渡すことが一般的とされています。

ですが、本当に持参しなければならないのか疑問に思う方も多いですね。

退職するのが初めての方は特に、分からないことだらけで不安に感じてしまうこともあるでしょう。

そこで今回は、退職時の菓子折りについての疑問をまとめて解決していきます。

適切なマナーを知っておかないと、失礼な印象を与えてしまうため気をつけましょう。

会社を辞めるときの菓子折りは必須ではない

上司のデスクで打ち合わせ中の2人

そもそも退職するときに菓子折りを持参する必要はあるのでしょうか。

結論としては、何もないよりは渡した方がいいです。

必ずしも菓子折りを持参しなければいけない、といったルールなんてありませんので安心してください。

菓子折りを渡さなかったからといって、上司に怒られたり、会社から嫌がらせを受けることもありません。

とはいえ、円満に退職を進めるためには菓子折りを持参した方が印象はよくなります。

今までのお世話になったことへの感謝の気持ちも込めて渡したほうが、気持ちよく退職できるでしょう。

会社によっては菓子折りを持ってくるのは当然、という文化があるかもしれません。

必須ではないものの、余計なリスクを避けるためにも、菓子折りを持参したほうが無難といえます。

退職時に菓子折りを渡すべきタイミング

会議室で打ち合わせ中

菓子折りを会社に持参したものの、どのタイミングで渡せばいいかわからない…という方も少なくありません。

どのタイミングで渡すのがベストなのかというと、一般的には最終出勤日がいいとされています。

明確なルールはありませんが、あまりに早く渡してしまうと不自然です。

今までの感謝の気持ちもこめて、最終日の挨拶と一緒に渡すと良いでしょう。

また、時間帯は夕方以降が良いでしょう。

日中は忙しく、仕事の邪魔になってしまうかもしれません。

迷惑にならないタイミングを伺い、渡すことをおすすめします。

誰に渡せばよいのか

菓子折りを誰に渡すべきかで迷ってしまう人も多いですね。

会社の規模にもよりますが、オフィスで働く全員にひとつずつ渡すのはなかなか大変です。

最も無難な渡すべき相手は、今までお世話になった直属の上司です。

しっかりとお礼を言いながら渡しましょう。

その他は、基本的に所属していた部署の方だけで十分です。

違う部署であっても、お世話になった方に渡しておくと良いでしょう。

菓子折りを渡す相手に関しても、明確なルールはないため、お世話になった人を中心に渡せば問題ありません。

会社の規模が10~20名であれば、社員の数だけ用意しておいた方が無難です。

もらった人と、もらってない人がはっきりしてしまうのはよくありません。

仕事上の関わりが薄かった人にも渡しておくとベストです。

どんなお菓子が適切か

お礼の意味を込めるため、といってどんなお菓子を買えばいいか悩みますよね。

目安として、だいたい3,000円程度のものが一般的です。

5,000円や1万円を超えるような、あまり高すぎるものを買う必要はありません。

ただし、個別包装であるか、数は足りているかは必ず確認しておきましょう。

お菓子を渡したときに、手が汚れてしまったり、個数が足りなくなったら大変です。

また、賞味期限が長いものを選ぶことも大切です。

賞味期限の短いお菓子を選んでしまうと、休暇中や出張中の社員に渡すことができません。

最悪の場合、賞味期限が切れてしまい、食べてもらえずに処分されることもあります。

年配の方が多い職場

年配の方が多い職場に勤めているのなら、とらやの羊羹は喜ばれることでしょう。

羊羹は日持ちしやすいため、賞味期限が切れてしまい、食べきれずに捨てられる心配もありません。

人数の多い職場だと少し値が張りますが、10人前後の部署であれば価格帯も程よいためおすすめです。

若いスタッフの多い職場

比較的年齢の若いスタッフが多く働いてる職場なら、ガトーフェスタハラダのラスクがおすすめです。

ギフト用お菓子として定番で、特に女性スタッフからは喜ばれること間違いなしです。

3,000円前後で20枚ほどの詰め合わせが買えるので、人数が多めの部署でもこれひとつでまかなえます。

年齢層が幅広い職場

年配の方も、若いスタッフも多いような職場であれば、最も無難な焼き菓子の詰め合わせが良いでしょう。

いろいろなお菓子が入っているので、好き嫌いを気にする必要もありません。

賞味期限も1〜2週間はありますので、最終出勤日に会えない人がいても安心して渡すことができます。

なるべく避けるべきもの

参考までに、選ぶべきではないものについてもいくつか例を見ておきましょう。

ポイントは以下の3点。

  • あまり日持ちしないもの
  • フォークやお皿を必要とするもの
  • 冷蔵庫での保管が必須となるもの

たとえばフルーツやアイスクリーム、ホールケーキなどの生菓子は退職時の挨拶に適しているとはいえません。

「うちの上司はなによりもアイスクリームが大好きなんです!」

ということであれば検討の余地はありますが、冷蔵庫がないとせっかくの贈り物をムダにしてしまいます。

焼き菓子のように簡単に食べられるようなものでないと、スーツや大切な書類を汚してしまうリスクがあることも理解しておきましょう。

職場のみんなに喜んでもらおうと思って買ったのに、あなたのプレゼントが原因で迷惑をかけてしまうのは避けたいですよね。

失礼のない菓子折りの渡し方

楽しい雰囲気の明るいオフィス

菓子折りを渡すときは、挨拶まわりと同時に一人ひとりに渡せると理想です。

いままでの感謝の気持ちを込めて、お礼を添えて渡しましょう。

当日、出社していない人がいる場合は、最後に会社で会える日に挨拶をしておくとよいでしょう。

お菓子を渡すときのポイントは、紙袋から出して渡すことです。

紙袋はあくまでお菓子を持ち運ぶためのものです。

紙袋から取り出して、一人ひとりに個別で渡すのがマナーです。

菓子折りを渡すときの注意点

菓子折りを渡すときには、注意すべき点があります。

それは渡す対象となる全員の予定をあらかじめ把握しておくことです。

予定を把握せずに最終出社日を迎えてしまうと、会えない方が出てきてしまう可能性があります。

そうなると退職の挨拶もできませんし、当然菓子折りを渡すこともできません。

予定を知らずにいきなり渡してしまうと、仕事の邪魔をしてしまい、迷惑をかけてしまうこともあります。

あらかじめスケジュールを把握しておいて、相手に迷惑をかけないタイミングで渡しましょう。

どうしてもタイミングが合わず、直接挨拶ができなかったときはメールで退職の挨拶を送りましょう。

マナー良く菓子折りを渡して円満退職を

遠くを見つめるスーツ姿の女性

退職時に菓子折りを持参することは、会社を辞める際のマナーとしてとても大切です。

お菓子の選び方や渡すタイミングなど、基本的なポイントを理解しておかないと、お世話になった人たちへ失礼な印象を与えてしまいます。

当然のことながら、職場を変えたとしても今までの人間関係がゼロになるわけではありません。

前職の同僚と良い関係を築いておけると、新しい職場で役立つことも多くなりますよ。

円満に退職するためにも、喜んでもらえるお菓子を渡して、気持ちよく会社を送り出してもらいましょう。

転職エージェント人気ランキング

リクルートエージェント

リクルートエージェント
評判 5.0
特徴 転職支援実績No.1
エリア 全国

ビズリーチ

ビズリーチ
評判 4.0
特徴 年収600万円〜でNo.1
エリア 全国

WORKPORT

ワークポート
評判 3.5
特徴 転職決定人数No.1
エリア 関東・関西メイン
あなたに合う転職サービスを探す
お住いの地域
あなたの年齢
直近の年収
希望の職種
希望の雇用形態