手帳を見ている30代の男性

「転職したいけど、不安が多くて一歩を踏み出せない・・・」

「30代で転職に失敗したら、もう後がなさそう・・・」

転職を意識している人は多いものの、不安や悩みの尽きない30代の転職。

あなたが20代なら、万が一転職に失敗しても「若さ」で挽回できる場面は多かったでしょう。

でも今はもう30代、フレッシュさを武器にできない現実と向き合わないといけません。

このページでは、30代の転職で抱えがちな不安や悩みの対処法について詳しく解説します。

近いうちに転職を考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

30代の転職で直面する主な不安と悩み

転職活動に対して、あなたが今一番不安に感じていることはなんですか?

お金や人間関係、そもそも円満退職できるのかどうかだったり、昔から面接に苦手意識があったり。

悩みや不安を感じるポイントは人それぞれ。

まずは30代の転職で直面しやすい主な不安と悩みについてご紹介します。

上司が退職届を受け取らない

上司と向き合って話している男性

「そもそも上司が退職を認めてくれそうにない・・・」

と心配する方も多いですね。

責任ある仕事を任されている方はとくに、いつ辞めればいいか迷ってしまいがちです。

本来なら職場で定められたルールに則って退職の手続きを進められるのが一番。

とはいえ、上司が頑なに退職を拒んだり、「今辞めたら損害賠償を請求するぞ!」なんて脅してくるような職場も・・・

万が一トラブルに発展しそうなときは、就業規則になんて従わなくとも退職できる、という事実だけは知っておいてください。

会社があなたの退職を止めることなんてできないんです。

家族から転職を反対される

上司なんて所詮他人ですから、気にしすぎる必要はありません。

しかしながら、家族から退職を反対されると厄介です。

「年収が下がったりしたら生活できなくなるから嫌だ」

「今の家を気に入っているから引越したくない」

など、あなたの転職に反対する理由はさまざま。

上司からの反対は強引に押し切れたとしても、家族となると話は別です。

こればかりはしっかりと話し合って納得してもらうしかありません。

決して自分勝手な判断ではなく、家族にとってメリットがある転職だということを丁寧に伝えましょう。

書類選考や面接で落とされる

パソコンの前で心配そうな表情をしている女性

いざ転職活動をスタートしても、書類選考や面接を突破できるかどうかはあなた次第。

リクナビNEXTやdodaなどの転職サイトから気になった企業に応募したものの、「全社から不採用通知が届いた・・・」という人も。

一般論として、30代に求められるのは即戦力として活躍できるかどうか。

営業職ひとつにしても、法人営業と個人営業、Push型とPull型など、各社の方針ひとつで求められる経験やスキルはさまざま。

中途採用はストライクゾーンの狭い求人が多いため、うまくマッチしないと容赦なく落とされてしまいます。

どれだけ優秀な人材でも、「うちには合わないので」という理由で不合格にされることだってあるんです。

中途採用は時期によって求人数が大きく変動しますし、運とタイミングも影響するため、ある程度は数をこなす覚悟も必要です。

転職活動は体力的にも精神的にも負担がかかりますから、事前準備をしっかりと行って進めていきましょう。

転職先の雰囲気に馴染めない

選考を突破して無事に内定をもらえたとしても、「うまく馴染めるだろうか・・・」と職場の人間関係を不安視する人もたくさん。

上司や同僚との相性が悪かったり、人間関係を理由に退職を考えてる方はなおさら気になりますよね。

新しい職場で働くとなると、当然、人間関係もゼロから築いていくことになります。

「上司がゴリゴリの体育会だったらどうしよう・・・」

「ギスギスした雰囲気の会社は苦手だな・・・」

面接で採用担当者と会うことはあっても、一緒に働く人たちとは入社まで会えないことも少なくありません。

入社してみないとわからないともいえますが、面接の段階から積極的に質問して、社内の雰囲気をつかむようにしましょう。

社内を見学させてくれたり、社内のメンバーとの座談会を開いてくれるなど、柔軟に対応してくれる会社も多いですよ。

年収が今より下がってしまう

通帳を持ちながら顔を歪ませている若い男性

あなたの年収は今いくらですか?

国税庁の民間給与実態統計調査結果によると、30代の平均年収は以下の通り。

  • 30〜34歳:403万円
  • 35〜39歳:433万円

業種によって大きな差があるものの、あなたの今の給料と比べてみていかがでしょうか。

「せっかく転職したのに、年収が大幅にダウンした・・・」

という状況は絶対に避けたいですよね。

仮に毎月の手取り額が5万円以上下がってしまった場合、今の生活を続けていけますか?

飲みに行く回数を減らしたり、ランチに使えるお金も少なくなったり、お子さんが習い事を続けられなくなったり・・・

家族から転職を反対されるのも当然でしょう。

ただ、以下のような状況であれば年収が下がっても転職する意味はあるといえるでしょう。

  • 昔から憧れていた職業・会社で働ける
  • 年収よりもプライベートの時間を優先したい
  • 次のキャリアアップにつながる経験を積める など

「毎月の給与が減ったとしても、家族と過ごせる時間を増やしたい!」

という人は少なくありません。

何のために転職するのか、という点についてあなたなりの答えをきちんと持っておくことが大切ですよ。

役職やポジションが下がる

今、あなたは何か役職に就いていますか?

年収ダウンと同じように、役職やポジションを失ってしまうことも多いですね。

課長職として働いていたのに、転職後は平社員から再スタートということも少なくありません。

「役職なんて気にしない!」

という方ならいいのですが、ポジションにこだわりを持っている方は慎重に転職活動を進めましょう。

もちろん転職先で役職が上がることだってありますよ。

残業や休日出勤が増える

「年収はキープできたけど、残業が増えた・・・」

「休日出勤はないと聞いていたのに、入社してからほとんど休めてない・・・」

転職先選びに失敗すると、今より大変な職場に入社してしまうことも。

「できるだけ残業代をたくさん稼ぎたい」

「仕事が生きがいだから、全然苦じゃない」

という方は問題ありませんが、毎月の平均残業時間や、時期によってどれだけ増減するのか、休日出勤の頻度など、面接時に細かく確認することをおすすめします。

転職の不安や悩みを払拭する対処方法

ここまで30代の転職で直面しやすい不安や悩みについてご説明しましたが、「やっぱり転職は諦めたほうがいいな・・・」と判断するのは早計です。

事実、30代の転職で成功している方は山程います。

もちろん失敗している人もいますが、きちんと対策すれば失敗するリスクを最小限に減らせますよ。

具体的に何をすればいいのか、順に見ていきましょう。

退職前から転職活動を開始

上司に隠れて転職活動する男性

まず第一に、転職活動は退職前からはじめましょう、絶対に。

すでに退職された方はどうにもできませんが、まだ在職中なら退職前の内定取得を目標に進めてください。

目安としては、退職を考えている日の3ヶ月前から具体的な行動をスタート。

転職サイトに登録したり、仕事終わりに転職エージェントへ相談に行くなど、上司や同僚にばれないように着々と進めていきましょう。

「上司が退職に反対しそう・・・」

と不安な方も、内定を取得した状態で退職を打ち明ければ上司も反対しようがありません。

退職後、すぐに転職先で仕事を開始できれば収入が途絶えることもないので、家族に余計な心配を与えることもなくなりますよ。

必要な知識やスキルを磨く

やりたい仕事が明確に定まっている方は、転職先で必要になりそうな知識やスキルを磨いておきましょう。

関連する資格を持っていればわかりやすいアピール材料になりますが、1〜2週間で取得できるものではありません。

「取得に向けて努力している」という事実をアピールできるだけでも、面接官にプラスの印象を与えられますよ。

日常的にパソコンを使用しているなら、今まで使ったことのないExcelの関数を勉強してスキルアップに励んでみたり。

多少なりとも語学スキルを求められる職場を目指すなら、TOIECのスコアアップを目指すのも定番ですね。

無駄遣いをやめて節約する

手帳をチェックしている男性

退職前に内定を取れるのがベスト、と先ほどお伝えしましたが、転職活動が計画通りに進む保証は一切ありません。

10社、20社と選考に進んでも内定をもらえず、半年以上転職活動が続いてしまう人もいます。

独身で実家に住んでいる人ならまだしも、家族のいる方や住宅ローンを支払っているような人は、なるべく無駄遣いを避けましょう。

数ヶ月収入が途絶えても、最低限の生活できるだけの余裕は残しておきたいですね。

「2〜3ヶ月もあれば転職先見つけられるでしょ」

と安易に考えている人ほど痛い目にあいやすいので、くれぐれも気をつけてください。

家族旅行などの大きな出費は、無事に転職先が決まってからにしましょう。

未経験の転職は年収ダウンを覚悟

「もう30代だけど、未経験の業種にキャリアチェンジしたい」

と考えている方はとくに、年収ダウンに備えて節約するクセをつけておくことをおすすめします。

繰り返しになりますが、一般的に30代に求められるのは即戦力としての活躍です。

未経験者を採用するなら、若くてフレッシュな20代がいい! と多くの会社は判断します。

ある程度の給与交渉は可能とはいえ、あまり強引に進めると内定を取り消されるリスクもあります。

「最低でも年収○万円はもらえないと生活できない」

といったお金の話は、一次面接など早めの段階で面接官へ伝えておきましょう。

転職エージェントに相談する

面談中のキャリアアドバイザー

求人を探すだけならスマホから簡単に探せる時代ですが、希望にぴったりの求人は見つかりそうですか?

先ほどもお伝えしたように、中途採用の求人はストライクゾーンが恐ろしく狭く、募集人数も1〜2名と少ないことが多いです。

30代になると転職先へ求める条件が細かくなったり、家庭の事情でいろいろな制約も出てきます。

「自分ひとりで転職先を見つけるんだ!」

という方は勝手に頑張ってもらえればと思いますが、転職エージェントを頼ったほうが断然効率的。

キャリアカウンセリングであなたの希望をヒアリングした上で、条件に合いそうな企業をピンポイントで紹介してくれます。

転職エージェントの保有する非公開求人には好条件の求人が多いので、相談してみて損はありませんよ。

まだどこにも相談にいってないなら、まずは大手の転職エージェントでカウンセリングを受けてみることをおすすめします。

条件の良い会社ほど求人を公開しない

転職エージェントを活用するメリットのひとつに、非公開求人の存在があります。

誰もが魅力に感じるような求人ほど、そもそもの募集人数が少ないことや、応募殺到を避けるために求人を公開しないことがほとんど。

転職サイトにも求人はたくさん掲載されていますが、非公開求人を一度もチェックしないのは非常にもったいないですよ。

「少しでも年収アップして家族に楽をさせたい」

「福利厚生の充実した大手企業で安定的に働きたい」

と考えるなら転職エージェントの利用は必須と考えましょう。

面接は必ず練習してから臨む

面接に苦手意識を持っている人も多いですね。

「なぜ前の会社を辞めたんですか?」

「弊社でどんな仕事をしたいんですか?」

さまざまな質問に対して、即座に回答をまとめて簡潔に話すことが求められる中途採用の面接。

想定外の質問にテンパってしまい、頭の中が真っ白になってフリーズしてしまう人も少なくありません。

面接が不安な方は、事前に面接のイメトレをしておきましょう。

家族や友人に面接官役をお願いするのも無駄になりません。

「家族が相手だと緊張感に欠けて練習にならない!」

という方は、転職エージェントのキャリアアドバイザーに模擬面接を依頼してみてください。

転職エージェントはあなたの転職が成功しないと売上になりませんから、積極的に協力してくれますよ。

プライドを捨てて素直に学ぶ

オフィスで仕事中の私服男女

最後にもうひとつだけ、無事に転職先が決まったら、プライドを捨てて貪欲に学んでいきましょう。

30代の転職でありがちなのが、前職でそこそこ活躍していたからと転職先で調子に乗るパターン。

上司や同僚から煙たがられますし、思うように結果を出せないと肩身の狭い思いをすることに。

まずは新しい職場で受け入れてもらえるように、素直に吸収することを徹底しましょう。

自分らしさを出していくのは、ある程度職場に馴染めて、それなりに活躍しはじめてからで遅くありません。

せっかく納得のいく転職先を見つけられたのに、人間関係で悩むようなことはイヤですよね。

仮に上司が年下だったとしても、敬意を持って接することが大切ですよ。

30代の転職はくれぐれも慎重に行動を

スマホを見ながら歩く男性

転職はあなたの人生を大きく左右します。

30代の転職で失敗すると、職務経歴に大きなキズをつけてしまうリスクがあるのも事実。

悩みを抱えるのは当然といえますが、何も行動を起こさなければモヤモヤを一生引きずります。

「失敗したらどうしよう・・・」

と不安になるなら、まずは情報収集からスタートしてみましょう。

転職サイトに登録したり、転職エージェントへ面談を申し込むだけなら、通勤電車や会社のトイレでもできますよ。

実際に動いてみて、納得のいく転職先と出会えたなら、退職という決断をすればいいんです。

30代の転職は、今までの経験や実績を評価されて大幅に年収がアップするチャンスもあります。

慎重に進めつつ、チャンスをつかめそうなときは大胆に一歩を踏み出しましょう。

転職エージェント人気ランキング

リクルートエージェント

リクルートエージェント
評判 5.0
特徴 転職支援実績No.1
エリア 全国

マイナビエージェント

マイナビエージェント
評判 4.0
特徴 20代の転職に強い
エリア 関東・関西メイン

WORKPORT

ワークポート
評判 3.5
特徴 転職決定人数No.1
エリア 関東・関西メイン
あなたに合う転職サービスを探す
お住いの地域
あなたの年齢
直近の年収
希望の職種
希望の雇用形態