暗いオフィスで頭を抱える若い女性

20代で3回以上転職している人は無条件で不合格。

大げさな話ではなく、実際にとある企業が定めていた書類選考の判断基準のひとつです。

30代や40代ならともなく、20代で3回以上転職していると職務経歴上の見た目が非常に悪いのです。

とはいえ、過去は変えられません。

職務経歴の改ざんなんて絶対にやってはいけません。

転職が難しいとわかっていても、私たちに「働かない」という選択肢はないのですから、前に進んでいくしかないのです。

ではどうやって転職の壁を乗り越えていけばいいのか。

このページでは、20代で3回以上転職している方へ向けて、希望に合った会社で働くためのコツを解説します。

大丈夫、まだチャンスはありますよ。

3回も退職を繰り返した原因を整理する

会議室でコーヒーを飲んでいる女性

なぜ20代で3回も退職したのか、理由を説明できますか?

「転職を繰り返すのはよくない!」

といわれても、既に退職してしまった事実は変えられません。

まずは今までの退職理由を改めて整理してみましょう。

きちんと振り返った上で転職活動を進めていかないと、同じような失敗を繰り返すリスクが高まります。

以下はあくまで一例ですが、1回目、2回目、3回目・・・とそれぞれの退職理由を思い出してみてください。

  • 思っていた仕事内容とちがった
  • 残業や休日出勤が多すぎた
  • 実力不足でついていけなかった
  • 上司との相性が悪すぎた など

「なぜ辞めたのか」を明確にしておけば、少なくとも入社すべきではない会社が明確になります。

自分にマッチしない会社を見つけやすくなるのは、転職回数が多いことのメリットといえますね。

退職理由を整理したら、今度はどのような会社へ転職すれば自分らしく働けるのかも考えてみましょう。

転職サイトに登録したり、転職エージェントへ相談に行くことも大切ですが、まずは自己分析に時間を割いてください。

転職回数を問題視されないパターン

20代で3回以上転職していると、書類選考で落とされるか、少なからず警戒された状態で面接へ進むことがほとんど。

ですが、状況によってはそこまで問題視されないことも。

たとえば以下のような理由で退職した場合、多少は考慮してもらえる可能性が高まります。

  • 倒産や業績不振など、会社都合による退職の場合
  • 給与未払いやパワハラなど、ブラック企業だった場合
  • 両親の介護や配偶者の転勤など、家庭の事情で退職した場合
  • 明確な意思を持ってキャリアアップ目的で転職している場合 など

先ほど整理した、過去の退職理由と照らし合わせてみてください。

ひとつくらい当てはまるものはありますか?

会社都合や家庭の事情での退職であれば、転職回数が増えても仕方ありません。

20代で競合他社から引き抜かれるような人は極めて少ないですが、中長期的なキャリアビジョンを持って転職している場合も、理解してくれる採用担当者は多いでしょう。

一方、以下のような理由で退職している場合は要注意。

  • 仕事がつまらなくて飽きた
  • 会社の雰囲気が合わなかった
  • 大きな問題を起こしてクビにされた など

慎重に進めていかないと、八方塞がりの状態になりかねません。

転職回数が多いと採用担当者に警戒される

書類をにらみつけているスーツ姿の中年男性

「転職回数がちょっと多いくらいで落とさないでよ!」

「面接さえしてくれれば自分をアピールできるのに!」

と嘆く方も多いですが、採用担当にもいろいろと事情があるのです。

ひとつ考えてみてください。

採用担当者がもっとも嫌がることは何だと思いますか?

口臭のキツイ応募者との面接だったり、「履歴書を返せ!」とクレームを入れてくる人だったり、いろいろあります。

なかでも一番イヤなのは、せっかく採用した人がろくに活躍せず、すぐに辞めていくこと。

「なんであんなやつ採用したんだ!」

と現場から文句を言われますし、もちろん直属の上司にも怒られます。

採用担当者自身の人事評価や出世に影響する可能性もありますから、まさに踏んだり蹴ったり。

中途採用の場合、一人あたりの採用費用は100万円を超えることもザラです。

経験豊富な即戦力人材を採用しようものなら、採用単価が200万円を超えることも。

それだけのお金をかけて採用したのに、周りに迷惑をかけただけで辞められたら・・・会社としては大損失。

自分の将来のためにも、リスクのある人材はなるべく採用したくないのが採用担当者の本音です。

転職回数が多い人に対して、「採用してもすぐに辞めてしまうのでは・・・?」と警戒するのは当然といえます。

20代の転職活動で失敗しないためのコツ

パソコンの前で考え事をしている男性

「もう人生を諦めるしかないのか・・・」

「派遣やアルバイトで働くしかない・・・」

と諦めるのはまだ早いです、人生はまだまだどうにでもできます。

いいですか、若さというのは転職市場において唯一無二の強みです。

もしあなたが50代だったなら、さすがにお手上げ状態ですが、あなたはまだ20代じゃないですか。

20代ではじめて転職する人と比べて難易度が高いのは事実ですが、進め方次第で攻略は可能です。

希望に近い仕事に就けるように、そして無闇に転職を繰り返さないためにも、仕事選びで失敗しないためのコツを学びましょう。

自己分析と仕事に求める条件を明確に

冒頭でもお伝えしたように、まずは自己分析をしっかりやりましょう。

どんな仕事ならやっていけそうか、どんな職場なら無理なく働けそうか、きちんと時間を作って考えてみることをおすすめします。

そしてもうひとつ、仕事に求める条件も今一度明確にしておきましょう。

一例として、以下の点についてそれぞれ希望を考えてみてください。

  • 業種
  • 職種
  • 勤務地(通勤時間、転勤の有無)
  • 勤務時間(残業の有無)
  • 休日日数(休日出勤の有無、有給消化率など)
  • 給料(昇給・賞与、残業代の支払いなど)
  • 福利厚生(各種手当など)

「通勤時間10分で給料30万もらえる会社なんてありえないし・・・」

と思うかもしれませんが、まずは理想とする条件を考えてみましょう。

ご想像の通り、すべての希望条件を満たしてくれる職場なんて、まず見つかりません。

大切なのは、各条件の優先度を考えておくこと。

「給料は25万以上は絶対欲しいけど、残業は多少あってもいいかな」

「通勤1時間以内はマストで、業種はとくにこだわりはないかな」

など、譲れない条件と妥協できるポイントを整理しておきましょう。

資格やスキルを身に着けて武器を増やす

転職回数の多さはマイナスポイントですが、プラスポイントになりそうな資格やスキルは何かありますか?

「運転免許くらいしか書けるものがない・・・」

「経歴も大した仕事を任されたことがないし・・・」

という方も多いですよね。

これといってアピールできる要素がないなら、今から作ってしまえばいいんです。

通信講座で簿記2級や社労士の資格取得を目指す、オンラインスクールでプログラミングを学んでみる。

どんなことでも構いません、ちょっとでも興味があることにチャレンジしてみませんか?

いずれも1〜2週間で身につくスキル・資格ではありませんが、まずは取り組んでいるという事実が大切。

履歴書や職務経歴書に「○○の資格取得に向けて勉強中」と書けるだけで、印象が数%アップしますよ。

すでに転職回数の多さで不利な立場にいるんですから、なにかひとつくらい武器になりそうなスキルを身につけてみましょう。

第三者に相談してアドバイスをもらう

面談中のキャリアアドバイザー

「どんな会社を選べばいいのか、イマイチ考えがまとまらない・・・」

「今までの経歴を振り返っても、どれが自分の強みなのかわからない・・・」

という方も少なくありません。

自分自身への理解を深めたり、これからのキャリアについて真剣に考えることは、なかなか骨の折れる作業。

ぶっちゃけしんどいです。

でも、ここで手を抜くと30代、40代になってきっと後悔します。

「ひとりで考えるのは大変・・・」

という方は、信頼できる先輩や友人に相談してみましょう。

客観的な意見をもらえると、意外とすんなり考えがまとまることも多いですよ。

転職について相談できそうな相手が身近にいないなら、転職エージェントを活用してみてください。

キャリアカウンセリングを通じて、あなたの強みは何なのか、どんな会社で活躍できそうか、具体的なアドバイスをもらえますよ。

転職回数を気にしない会社へ応募する

自分自身の強みや弱みをきちんと理解して、会社に求める条件をカンペキに整理できたとしても、書類選考で落とされることはあります。

だって各社の採用基準を変えることはできないんですから。

書類選考突破の秘訣は、転職回数を気にしない会社を探すこと。

「そんなことができるなら最初からやってるよ!」

というツッコミはもっともです。

リクナビネクストやdodaなどを見ていても、「うちの会社は転職回数何回でもOKです!」みたいなことが書かれている求人は滅多に見つかりませんよね。

じゃあどうすればいいのかというと、ここでも転職エージェントを頼りましょう。

転職エージェント各社は、採用担当者から「こんな人を採用したい」という条件を細かくヒアリングしています。

転職回数で合否を判断するような会社は、最初からあなたに紹介しません。

キャリアカウンセリングであなたの経歴や転職先への希望を確認した上で、書類選考を突破できそうな求人を紹介してくれます。

転職エージェントから紹介された求人でも書類選考で不合格になることはありますが、転職サイトで闇雲に応募するよりは断然効率的。

さらに職務経歴書の書き方についてもアドバイスをもらえます。

転職エージェントのキャリアカウンセラーは、毎日たくさんの職務経歴書に目を通しています。

どういう職務経歴書は落とされるのか、どんな書き方をすれば合格しやすいのか、ノウハウを教えてもらいましょう。

「あなたの経験、スキルでこういう会社を目指すのなら、こんな書き方をしてみましょう」

と提出書類の添削もしてもらえますよ。

面接では厳しい質問が来ることを想定

2名の面接官と若い社会人女性

面接は得意ですか?

無事に書類選考を突破できたとして、最後は面接です。

とくに転職回数については、間違いなく質問されるでしょう。

「なぜ20代で3回以上も退職を繰り返しているんですか?」

スムーズに回答できるようにイメトレをしておきましょう。

書類選考とちがって、面接は場数を増やすことでしか上達できないものです。

先輩や友人、家族に面接練習を頼めると楽ですが、緊張感に欠けてしまうのも事実。

本気で面接対策に取り組みたいなら、ここでも転職エージェントをうまく活用しましょう。

たとえば最大手のリクルートエージェントの場合、面接官の立場をシミュレーション体験できる面接力向上セミナーを定期的に開催。

受講者の99%が「大変満足」または「満足」と回答している人気セミナーです。

面接に苦手意識がある方は、本命の会社の選考を受けに行く前に受講してみてはいかがですか?

面接は一発勝負、失敗したら次はありませんよ。

20代で4回以上の転職は致命的!慎重な判断を

遠くを見つめている若い男性

中途採用の求人を探すだけなら、リクナビネクストやdodaなどに登録するだけで十分です。

ですが、今後のキャリアを考えたり、書類選考や面接を突破するためのコツを身につけるとなると、転職サイトだけでは不十分。

とくに20代で転職回数が3回以上の方は、そもそもの選択肢が少なくなっています。

退職回数が4回、5回とさらに増えていくと、もう致命的。

もちろん、どれだけ退職を繰り返しても採用してくれる会社はありますが、業種や職種、条件面は限られます。

具体的には、外食産業やパチンコ店、不動産投資のゴリゴリ営業、工場や倉庫の夜勤など・・・

数ヶ月単位で何度も退職を繰り返していると、最悪の場合、転職エージェントからもサポートを断られます。

「あなたに紹介できる求人はありません」

とカウンセリングすら実施してくれないのです。

次の転職こそ長く働ける会社を見つけないと、もう後がありません。

充実した30代、40代を送るためにも、利用できるものは徹底的に活用して、納得のいく転職先を見つけましょう。

今ここで頑張れるかが、あなたの人生を左右します。

のんびり迷っている時間はありませんよ。

転職エージェント人気ランキング

リクルートエージェント

リクルートエージェント
評判 5.0
特徴 転職支援実績No.1
エリア 全国

ビズリーチ

ビズリーチ
評判 4.0
特徴 年収600万円〜でNo.1
エリア 全国

WORKPORT

ワークポート
評判 3.5
特徴 転職決定人数No.1
エリア 関東・関西メイン
あなたに合う転職サービスを探す
お住いの地域
あなたの年齢
直近の年収
希望の職種
希望の雇用形態