仕事中の20代の社会人女性

20代で2回目の転職となると、書類選考で落とされるんじゃないか、なかなか内定をもらえないかも、と不安に感じてしまいますよね。

当サイト管理人の私自身、20代前半で転職を2度経験し、当時は大変な思いをしました。

20代ではじめての転職であれば、マイナスになることはほとんどないのですが、2回目となると話は別です。

今回は20代で2回目の転職をすることの注意点や、転職成功率を高める秘訣について詳しくご説明します。

20代で2回目の転職は問題ありません

私服で仕事中の男性2名

結論からお伝えすると、20代で2回目の転職は大きな問題にならないことが多いです。

少し含んだ表現になってしまうのは、個々人の状況次第という前置きが必要になるからです。

ではどのような状況であれば、2度目の転職でも問題ないのでしょうか。

不利になる可能性が高いパターンについても順を追ってご説明します。

特に問題視されないパターン

たとえば、1度目の転職が20代前半で、2度目の転職が20代後半であれば、書類選考であっさり不合格にされるリスクは低いといえます。

2社目で3〜5年ほど経験を積んで、それなりに実績や成果を残していれば、転職回数なんて気にせず歓迎してくれる企業も見つかるでしょう。

あるいは、1度目または2度目の転職が、退職を余儀なくされた状況だった場合。

一番わかりやすいのは会社の倒産ですね。

会社の業績不振は本人の責任ではありませんので、2回目の転職だろうとそこまで問題視されることはないでしょう。

1社目、2社目が恐ろしいほどのブラック企業だった場合も、事情を理解してもらえる可能性は高いです。

ほかにも家庭の事情で会社を辞めた場合も、考慮してもらえることが多いですね。

両親の介護が必要で一時的に仕事を離れた場合や、旦那の仕事の都合で遠方への引っ越しが必要になった場合なども、マイナスな印象を与えることは少ないです。

不利になる可能性が高いパターン

頭を抱えて悩んでいる20代の男性

反対に、2回目の転職が不利になる可能性が高いのは、2社目の在籍期間が極端に少ない場合です。

3ヶ月以内に退職していたら印象は最悪、半年〜1年未満での退職もあまり印象はよくありません。

2社目の在籍期間が短いと、採用してもすぐに辞めそう、辞めグセがついているのでは、と思われてしまいます。

採用担当が一番嫌うのは、採用してもすぐ辞めそうな人です。

ほかにも、1社目と2社目、そして3社目の会社で業種や職種が完全にバラバラの場合

たとえば1社目はアパレル販売で、2社目は不動産営業、3社目は経理部を希望している場合、あまりにも関連性が薄く、書類選考で落とされてしまう可能性が高いです。

3社とも営業職だったり、今までに経験してきた業務と関連性の高い仕事であれば、そこまでマイナスな印象を与えることはありません。

転職回数は何回まで大丈夫か

一般的に、転職回数が増えれば増えるほど、転職成功率は下がるといわれています。

20代の場合、転職回数が3回を越えてしまうと、希望通りの仕事に就ける可能性は極端に落ちてしまいます。

転職先がなくなるわけではありませんが、選択肢がかなり狭まってしまうことは覚悟しましょう。

ほぼすべての採用担当者が、転職回数が多い人=すぐ辞める人、と認識しています。

中途採用の場合、1人あたりの採用費が100万円を超えることも少なくありません。

高い採用費を払ってせっかく採用した人が、ろくに成果も残さず、たった数ヶ月で辞めたとなると、採用担当者の人事評価に響きます。

採用担当者だって自分の身が大切ですから、余程の理由がない限り、リスクのある人は採用したがらないのです。

2回目の転職時に注意すべきこと

パソコンの上に乗った履歴書

有利、不利の状況を理解できたとしても、既に2社目を退職していたり、転職を決意しているのなら、何が何でも3社目を探すしかありません。

ここからは2回目の転職を迎えたときに気をつけたいこと、注意すべき点についてご説明していきます。

5年後、10年後を見据えた会社選びを

先ほども述べたように、転職回数が増えれば増えるほど、希望通りの仕事に就ける可能性は低くなっていきます。

20代で3度目の転職をすることがないように、次の職場は慎重に選びましょう。

長く働けばいい、というわけでもありませんが、自分のキャリアを作っていく上でプラスになる道を選びましょう。

  • 将来的に独立するつもりがあるなら、スキルと人脈を身につけられる会社を選ぶ。
  • 特定領域のスペシャリストを目指したいから、会社の規模を問わずに転職先を探す。
  • この人に付いていきたい!と思える社長の下で働きたいから、ベンチャーを狙う。

考え方は人それぞれですが、5年後、10年後に自分がどうなっていたいのかをよく考えた上で、3社目の仕事を選ぶようにしましょう。

転職活動が長引くことも想定して準備を

1回目の転職はすんなり成功した、という方も多いと思いますが、2度目の転職は長引くことも多いです。

既に退職済みの方は失業手当をもらえるように手続きを進めるべきですし、まだ退職していない方はなるべく無駄遣いしないようにしましょう。

ほとんど貯金がない方は何かしら対策をしておかないと、転職先よりも目先のお金を稼ぐことの優先度が高くなってしまいます。

中途採用は時期によって求人数が大きく変動しますし、さっき見つけた求人が次の日には募集を終了していた、ということもよくある話です。

希望通りの仕事につけるかどうかは、タイミングがとても重要となるため、状況次第では転職活動が半年近く続いてしまうこともあるのです。

短期アルバイトや派遣の仕事で食いつなぐ、という選択肢もありますが、できれば避けたいですよね。

20代の転職で成功率を高めるためのコツ

和やかな雰囲気の面接

ここからは20代で2回目となる転職を迎える上で、転職成功率を高めるためのコツについてご説明していきます。

転職を一度経験しているといえど、はじめての転職と2度目の転職では採用担当者の見る目も厳しくなります。

希望通りの職場で働けるように、早めに対策を練っておくようにしましょう。

転職サイトと転職エージェントは必ず併用

まずは基本中の基本として、転職サイトと転職エージェントは必ず併用しましょう。

一度目の転職で転職エージェントのお世話になった人も多いと思いますが、何といっても非公開求人が魅力ですね。

大手の転職エージェントほど、有名企業の求人をはじめとした、優良企業の非公開求人を大量に保有しています。

リクナビNEXTや@typeなどの大手転職サイトは使えない、というわけではありません。

無料で自分の強みを分析できたり、予想内定社数を調べられたり、求人を探すこと以外でも転職サイトを活用することをおすすめします。

たとえばミイダスという転職サイトでは、あなたの想定年収を調べることができますよ。

今のスキルと経験でどれくらいの年収を期待できるのか、気になる方はぜひチェックしてみてください。

選択肢を増やすためにも、転職サイトと転職エージェント、両方を活用することがポイントです。

その職務経歴書で書類選考を突破できるか

気になる会社を見つけられたとしたら、書類選考を突破できるかどうかが最初の壁になります。

はじめての転職とはちがって、それなりに業務経験を積んで職務経歴書に書けることも増えているはずです。

この人なら一度会ってみてもいいかな…と採用担当者に思ってもらえるような職務経歴書、履歴書を目指しましょう。

まともな職務経歴書を書く自信がない方は、転職エージェントで職務経歴書を添削してもらうことをおすすめします。

転職エージェントのスタッフは日々たくさんの職務経歴書に目を通しています。

どういった職務経歴書は落とされて、どんな書き方をすれば通りやすいのか、貴重なノウハウをたくさん持っているので、利用しない手はありません。

面接で適切な回答ができる自信はあるか

面接中のビジネスパーソン

書類選考を無事に通過できたとしても、面接を突破できないことには意味がありません。

なぜ20代で2度も転職するのか、1度目の転職理由、2度目の転職理由、いずれも質問されることを想定しておきましょう。

  • 今までの経験からどんなスキルが身についていて、それをどのように発揮できるのか。
  • あなたの強みや長所は何なのか、あなたを採用することでどんなメリットがあるのか。

突っ込んだ質問をされたときに、的確に回答できる自信はありますか。

面接も自信がない…という方は、ここでも転職エージェントを有効活用することをおすすめします。

たとえば最大手のリクルートエージェントの場合、面接官の立場をシミュレーション体験できる面接力向上セミナーを定期的に開催しています。

受講者の99%が「大変満足」または「満足」と回答している人気セミナーです。

面接に苦手意識がある方は、本命の会社の選考を受けに行く前に受講を検討してみてはいかがでしょうか。

面接は一発勝負、失敗したら次はありません。

事前準備が2回目の転職を成功に導く

コーヒーを片手に散歩中の女性

20代で2回目の転職となると、不安に感じることも多いですが、きちんと事前準備を進めておけばスムーズに進む可能性は高まります。

はじめての転職と比べれば難易度が上がるのは事実ですが、それでもまだ20代、チャンスはたくさん広がっています。

職務経歴書の書き方や面接できちんと話せるか不安…という人は、転職エージェントなどの無料サービスを最大限に活用しましょう。

ただ企業を紹介してもらうだけではなく、とことん使い倒すことが転職成功率を高める秘訣です。

中途採用の求人は日々大きく変動しています。

そしてあなたが希望する求人は、ほかの人も同じように希望している可能性が非常に高いです。

高収入を期待できる魅力的な求人を他の人に取られてしまわないためにも、転職を決意したのならすぐに行動を始めましょう。

あなたの2度目の転職活動がうまくいくことを願っています。

転職エージェント人気ランキング

リクルートエージェント

リクルートエージェント
評判 5.0
特徴 転職支援実績No.1
エリア 全国

ビズリーチ

ビズリーチ
評判 4.0
特徴 年収600万円〜でNo.1
エリア 全国

WORKPORT

ワークポート
評判 3.5
特徴 転職決定人数No.1
エリア 関東・関西メイン
あなたに合う転職サービスを探す
お住いの地域
あなたの年齢
直近の年収
希望の職種
希望の雇用形態